スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
発表会本番
前回からの続きです。。

リハがそういう感じだったので、本番ではできるだけリラックスしたムード作りを。。
また、昼ごろからようやく会場も暖房がきいてきて、ほっとできたのではないでしょうか。
会場が寒いと、精神的な緊張に加え、身体的な緊張も加わるように思うのですが、どうでしょうか?

舞台袖では、生徒さんも何となく緊張はしているものの、リハの時ほどテンパってはいない様子。
意外とリハのほうが緊張するものかもしれません。

もう一度、曲のイメージを二人で確認し、リハでは曲の出だしに元気がなかったので、「最初から曲の世界に入って元気よく、楽しく!」と送り出し。

リハで間違えていた和音も本番では正しく弾き、全体もしっかり弾けていました。
よかった~。。

もう一人も、最初の音を確認してから弾き始めることと、その曲のイメージをしっかり持って、落ち着いて弾くことを確認して送り出し。

一か所弾きなおしをしたものの、きっと生徒さんがイメージしている曲を伝えられたのではないかなと思います。
いつも発表会は緊張するタイプの生徒さんなので、弾き終わった後、とてもほっとした顔をしていました。

私自身も、ほっとしました。
これが私にとって、ここでの生徒さんの最後の発表会になるので、生徒さん達が本番でしっかり演奏してくれて、とてもいい思い出をもらいました。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/12/01 22:51】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
発表会終了
発表会が無事に終了しました。

まず、リハの様子から。。

私の顔を見るなり「ふえええ~」と生徒さんからため息が(笑)そして、無言・・
普段よくしゃべる子だけに「えっ?どうしたの?」と聞くと「緊張する。。」と。

もう一人も「手が震える・・・」とガチガチ。
この時点で相当な緊張感があったようです。

実は、今回いつもの会場から変更になり、今までやっていた会場から少し大きめのホールになりました。
とりあえず、他の生徒さん達がリハをしている間、舞台袖や、舞台からの客席の様子を見せ、様子をつかんでもらうことや、たわいもない話をして順番待ち。

リハでは結構ぼろぼろと間違ってました。
中でも、ため息が出た子は、曲中の和音の第3音を間違え、長調の和音が思いっきり短調の和音に(笑)いや、笑ってはいけない・・でもずっこけました。

手が震えた子は、最初の音を2度低く(隣の鍵盤・・)から弾き始めてしまい、弾きなおしたものの、すでにパニックに・・。

よほど緊張していたんでしょう。
小学生でも高学年になると、そういうふうになってくるんですね。
とりあえず、「いつもレッスンの時みたいに弾いたら大丈夫だから!落ち着いて。自分の中でイメージをしっかり持って」とは言ったものの、こちらも心配。

また、午前中で始まったばかりで会場が広くて暖房が全然きいておらず、全体的に寒かったのも影響したかもしれません。
私もコートを脱ぐのが微妙なくらい、寒かったです。

生徒さん達は、ため息とともに(^^;休憩へ。

そして本番へ・・






テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/11/30 10:45】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
生徒さんの発表会
生徒さんの秋の発表会が近づいてきました。
今回出る生徒さん、がんばっています。

その生徒さんが弾く曲は、発表会では必ずと言っていいほどだれかが弾く曲ですが、私自身は生徒さんに発表会で弾かせるのは初めて。
珍しい曲は、ベテランの先生がたが色々探して弾かせておられるので、かえってこういう曲はだれともかぶらなかったようです。

だいぶ覚えてきているようですが、曲調が変わるところなど、テンポがいきなり落ちたり、あがったり。
曲調が変わっても、一つの曲の中なので統一感を持って、一定のテンポで弾けるように、と指導。
私もついつい、曲調が変わるとテンポを変えたくなってしまうのですが、特に指示がない場合は、明らかなテンポの変更はしないほうが、全体のまとまりや構成感がいいように思います。

また、別の生徒さんは、以前から弾きたかったゲームの音楽を。
よほど好きらしく、かなり時間がかかりましたが、仕上がってきました。
ふだん、どうしても発表会となると、発表会用の曲のみになってしまいがちな生徒さんなのですが、今回はレッスン本来の曲と並行してレッスンできていたので(そういう約束でゲーム音楽もオッケーということにした)良かったです。

あと少し、がんばろう~♪



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/11/10 19:49】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
あこがれの曲を・・
トルコ行進曲(モーツアルト)
「エリーゼのために」と同じくらい、小さな生徒さん達のあこがれの曲かもしれません。。

この曲をしていくことになった生徒さんは、かなり弾きたかった曲なのか、がんばって譜読みをしていました。

イ長調になったところでは右手を1オクターブ広げるので、そのテクニックは初めて出てくるものなので、前回にまず、「イ長調のスケールを右手を1オクターブ広げて弾いておくこと」や、慣れないfis mollのカデンツや音階を宿題にしていたのですが、イ長調のところはクリアできそうです。
最後、コーダの前の部分がちょっと心配ですが。。

指回りや音楽性はいい生徒さんなのですが、タッチの浅さが気になるところです。
普段も、練習を重ねて自信を持てるようになった曲はしっかりしたタッチで弾くのですが、今回のように「あこがれでようやくレッスンできるようになった曲」や、レッスン初めての曲などはどうしてもふわふわとしてしまいます。

多分、自信がつけば深く押さえてくれるのでしょうが、今回の曲は速いパッセージが出てきているので、浅いまま行ってしまいそうで、とりあえず最初の段階から注意していくことにしました。

とにかくバーナムなどの練習のための曲などは「しっかり鍵盤をタッチすること」「鍵盤の表面ではなく、音のなる瞬間の深さを狙うこと」など、しばらく徹底しておきたいです。

実はこの曲、他の生徒さんもレッスン中です。
普段、生徒さん一人ひとりに合わせて教材を選んであり、みんな違う本をやっているので、こんなふうに同時に同じ曲をすることは初めてなのですが、その方も「これが弾きたい」と持ってこられました。
それぞれの弾き方、レッスンの進め方など、こちらも違いを勉強させてもらえるいい機会になると思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/10/16 23:01】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
迷いがふっきれた!
以前、レッスンで「トルコ行進曲(モーツアルト)」が弾きたいと言った生徒さん。
その時(3年ほど前)はまだ弾ける段階ではなかったし、手も1オクターブが届かないことを理由に
「あなたならそのうち絶対弾ける日が来るから、いつか弾こうね。無理して今それを弾くよりは、今弾ける曲をしっかりがんばることが大切です」と延期しました。

先日レッスンに行くと、見慣れない楽譜が置いてある。
「その本は?何か弾いてたの?」と聞くと、「色々気になる曲がある」と言って見せてくれました。

さまざまな作曲家の曲をまとめて60曲ほど本にしたもので、お友達が買った電子ピアノについていて、それを借りてきたらしい。

ブルグミュラー25半ばの生徒さんが気になる曲は・・
「アラベスク(ドビュッシー)
「幻想即興曲(ショパン)
「月光1楽章(ベートーヴェン)
の順に言っていた。
モチロン、「トルコ行進曲(モーツアルト)や、「花の歌(ランゲ)も。

アラベスクは自分でも一生懸命弾いていたようで、左2に右3のフレーズになるまではなんとか音を読んでいた。
無理したら弾けるかな~?でも相当時間かかるかも・・って感じだったので延期。

他の曲もとりあえず弾いて聞かせ、
まずは「トルコ行進曲」をやってみることにしました。

こちら、以前弾きたいと言っていた曲で、私もずっとそれが心に残っていて、そろそろそういう作曲家のものを取り入れて行きたいし、挑戦してもいいかな・・でも来年の発表会のネタにとっておいてあげたほうがいいかな・・とモンモンとしていたのです。
せっかく自分から言い出してきていい機会になるので、ブルグミュラーとこういった作曲家の曲1曲という組み合わせでレッスンしていこうかと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2010/10/06 21:11】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。