スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
つけるだけダイエット
先日の友達会でダイエットを決意はしましたが。
プリンのように柔らか~い決意ではありますが。
「何かしなくては」という気持ちはあるので、始めることにしました。

「つけるだけダイエット」

つけるのは「体重」です。
毎日、朝と夜、体重をつけるのです。
それを折れ線グラフにします。

その原理としては、朝の体重は夜より少々軽いのです。
それで、
朝☆「あ、ちょっと昨日よりやせた、うれしい!がんばろう」という気持ちと、
夜☆「あ、朝よりちょっと増えた☆、明日はがんばろう」という気持ちを利用するようです。
グラフも、細かく作り、体重計も100グラム単位で計れるものを、ということです。
ダイエットを意識している時は、ほんの少しの減りでも嬉しいもの。
それを実感しましょう、というコンセプトらしいです。

さて。。いつまで続くことやら。
そんなこと言いながら、今日もキット○ット食べちゃったぞ・・・(^^;;
どこまで本気なのかなぁ・・私☆
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2006/11/30 23:30】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4)
友達をまきこんで
昨日、昼頃まで家に友達がいたのですが。
せっかくなので、「人前演奏」練習につきあってもらいました。
かっこよく「ホームコンサートします!」といえれば良かったのですが・・☆
「ノクターン8」の暗譜が完全じゃない☆と思いながら弾いていたら
案の定、わからん・・。やっぱり?

実を言うと、しゃべっていた体勢で、友達はピアノを聴いてくれたので、一人はピアノの真横から見上げる格好で、もう一人はうまーいことピアノに反射して顔が映る位置で聴いてくれていたのです。
イヤでも視界に彼女達が入る(笑)しかもこっち見てる。
そんなわけで、もう一度二人をソファに座らせ、仕切りなおし。

ああ・・でも友達二人でこんなどぎまぎしてたらダメですねぇ・・。
「幻想即興曲」も弾いたのですが、これはさすがに弾きこんでいただけあって、落ち着いて弾けました。
やっぱり暗譜に不安があるのはダメですね。
不安要素を打ち消すのが大事だと思いました。
練習あるのみですねぇ。

ホントは、幻想即興曲を先に弾きたいのですが(こちらのほうが現段階では自信もあるため)、そうすると、この曲の終わりと、「ノクターン8」が同じ調になる、しかも静かな感じで続いてしまうのです。
曲が変わった効果が十分じゃない。

逆の順序(ノク8→幻想即興曲)だと、ピアニッシモで消えていくように終わって、バーン・・とフォルテッシモでインパクトがあるということ。
Des Durの属音(As)=cis moll(同主調)の属音(gis)→cis moll主音→Ⅰの和音へ・・というちょっとしたこだわりが見せられるので、気に入ってるんですが。
「ノク8」が自信満々で弾けるようにがんばらなきゃ☆

気がつけば、結局、今5曲やるハメになっています☆
幻想即興曲とノクターン8(仕上がっているので、弾き込みですが)
革命のエチュード、英雄ポロネーズ(そろそろつっこんでやりたいところ)
ラフマの前奏曲。
ほんとは自分のキャパからは、どれか1曲削りたいのですが、ちょうどどれも面白くなりかけたところで、削りたくないんですねぇ・・。

今、どうしても革命と英雄に時間をとられてしまっているので、曲を削らないのであれば、重点を置くポイントを切り替えようと思ってます。




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/28 23:44】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
友達が遊びにきました
元会社の同期2人が昨日泊まりに来てくれました。
昨日はダンナっちが仕事でいなかったため、久々に友達とわいわいおしゃべり。
食事、温泉(近くに公営のがあります)と、冬の小旅行を満喫(^^)
夜もワインを飲みながら、(みんな酒豪ではないので、グラス1パイでハイテンションです(笑)おしゃべり。
内容はどうでもいい話ばっかりなんですけどね。
それが楽しい♪

みんな結婚して、私は特に引越して離れたので、会う機会がなかなかもてなかったのですが、久しぶりに会えて楽しかったです。
友達っていいですね~。

一人は吹奏楽に参加してる人で、やっぱりのだめにはまっていました(笑)
音楽やってると、たいていはまるんだなぁ~。
のだめバッグも欲しかったようですが、ピアノをやっているわけではないので、買わないようです。
私はしっかり購入済み♪
自分のレッスンや、生徒ちゃんのレッスンにも大活躍。
レッスンでないおでかけでも使ってるほどお気に入り♪

ところで。。
しばらく、妙齢の(笑)女性とそうそう接する機会がなかったためか、私、ちょっと太った・・!!ってことに焦りまくり!ヤバイ!
このままでは完全に「おばさん」になってしまう!!(><;;
かーなーり、無防備でした。

ニューイヤーコンサートで美しく(?)ステージに立つためにも!!
明日から、ちょっと気合いれます!



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/11/27 22:28】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4)
初心者の連弾
ピアノは・・楽器は、全く弾けないダンナっち。
全然興味もないようでしたが、「音楽は5をとった」とか、「歌は好きだった」とかいう話をたまーにぽつりとしていたので、今日は土曜日、なんとなく暇そうにしていたので、連弾にさそってみました。

連弾といっても、ブログのみなさんがされているような高度なものではなく、子供が初めてピアノにさわる時に教える教材。
セコンドの部分を初見の練習のために弾いていたのですが、連弾で弾きたくなって、「ちょっと手伝って」とかりだしました。
はっきり言うと、だんなっちは「ドー」と弾いていればいいだけの曲からやってみました(笑)
そんな感じで3,4曲弾いてみました。

ド~ソまでの曲だったのですが、ダンナっち、かなり手が疲れた様子。
しゃべりったり、弾いたり、と30分位で切り上げました。

きっと、「これからピアノ始める」って子の最初のレッスンって、こんな感じで、鍵盤そのものの感触に、最初どぎまぎするんだろうなあ・・と思いました。
私にも、いい連弾の練習になりました。

ダンナっちにどういう部分がむずかしいか、いろいろ調査。
すると、意外と、ユニゾンになっているものが難しいという答えが。「音の高さが違うだけで、一緒やん!なんで?」と聞いてみると、
「同じようで、やっぱり右手と左手は別もの、左と右で使う指が違う。あと、そろえて弾くのがむつかしい」とのこと。
それから3和音。片手で3つも音を押さえるのが「もう無理」らしいです。

そうなんか・・。

なるべく生徒ちゃんによりそって、理解するように努力はしていますが、そういう初心者の感じる「むずかしいポイント」ってなかなかみつけにくいですね。
今教えてる生徒ちゃん2人はもう導入段階は過ぎているので、そういう状態ではないですが、きっとまだまだ私が見過ごしてる部分があるかもしれません。
難しく感じる部分とか、生徒ちゃんに聞くようにはしていますが、それを先回りして、宿題に出す前にポイントを教えておいてあげられるようになれればなあと思います。





テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/25 21:23】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
かぶらと豚バラの煮物
いきなりピアノとは全く関係ないレシピです(笑)
料理の本に載っていて、かなりおいしかったので紹介します♪


材料 カブ (小カブなら5個くらい、大きいのは適当に。)
   豚バラ肉300グラム 塊3~5cm角を1センチの厚さに切る
       スライス(適当に切って)でもいいです。
   だし1.5カップ
   酒、砂糖、しょうゆ。 
    (酒のかわりにみりんでも。その場合は砂糖を適当に減らす)

① カブは皮をむいて、小カブは縦半分、大きいものは3センチ角位に切る。
② 豚バラをフライパンで両面きつねいろに焼く。
③ 鍋に②と①を入れ、だし、酒大さじ3、砂糖大さじ2を加え、煮立ったらアクをとりながら中火で5分煮る。
④ しょうゆ大さじ2を加え、落としぶたをしてカブが柔らかくなるまで10から15分煮る。

カブの代わりに大根でもいいみたいですが、カブの方がくせがなくていいんじゃないかなあ・・。
ぶたバラがいい味出してます。おいしかった~(^^)
ごはんが進むタイプのおかずです。

そんなに時間もかからないのに味がきちんとつきました。
あと、豚バラの塊がスーパーのお肉コーナーに並んでなくて、スライスを適当に切って入れましたが、それでもいけました。
これからのメニューに仲間入りです♪

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/11/23 23:34】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4)
ニューイヤーコンサート
ちょっと気の早い話ですが・・。
ニューイヤーコンサートの定番といえば、ラデツキー行進曲。
客席も拍手で演奏に参加できてとっても楽しい曲ですね♪
指揮者も客席に向いて指揮してくれたり。
大好きです。「みんな一体化してるー」っていう感じ。
「和の精神」ってやつですかね?
(ちょっと違う気も(笑)

さて。オケのやるような大きなコンサートではないですが、1月にあるニューイヤーコンサートに出ることになりました。
プログラムは15分ずつで、5人出ます。

ほんっとうは英雄ポロネーズでバシッと決めたかったのですが、最近気が抜けて、のんびりやっていたので間に合わない。
ある程度までは仕上がるでしょうが、「演奏会で弾く」状態には持っていけないでしょう。

なので、9月のコンサートで弾いた「幻想即興曲」と「ノクターン8番」の2曲で出ようと思います。
自分ではある程度完成してると思っている曲なので、これからの練習方法や改善点を見つけ出して、もっと完成度を高めるのがポイントかなあ。
前回のコンサートでは、「ノクターン8」の暗譜がちょっと怖かったところがあったので、もう一度楽譜を洗い直しです。

一度やった曲を、もう一度コンサートとかでやるっていうのは、簡単なようで実はむずかしいのです。
はい!とちった経験、あります(TT)
仕上がりが良かったらよかった分だけむずかしい。
本当は、もう一度ゼロにもどして、新しい楽譜を買いなおして、譜読みからしなおす位の気合が理想的だとは思うんですが・・。
時間もないことだし・・譜読みしなおしって言ったって、覚えちゃってるし・・。
暗譜のし直しから、ぐらいかなあ・・。

やっぱりでも、気合、入れなきゃ、ですよね!
せっかくの「ニューイヤーコンサート」だし!


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/21 23:32】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
譜読み
譜読みが苦手だなーと思っている私ですが。
最近、複数の曲をやり、自己練習ではありますがバッハをやり(あ!!バッハ、15番から全然進んでないや☆)・・としているうちに、すこーーーしではありますが、楽譜を読むのが少し速くなったような気がします。
速くなったかは、単に気のせい??かもしれませんが、
楽譜を読んでるうちに胃が気持ち悪くなることがなくなりました(笑)
結構「うえ~、音符を吐きそう・・」(すいません)って思うことがあったのです(しかもたった1曲の譜読みで)

きっと「先生になった」っていう自分のなかで何かが変わった、っていう精神的なものもあるのかもしれませんが、それより、何より、やっぱり常に「どんな短い曲でもいいから、何か譜読み状態の曲がある」っていうことが大きいかもしれません。
あと、「楽譜を見ながら弾く」っていう練習に、インベンションは楽譜を見ながら弾くようにしています。
だから、インベンションの暗譜はしないでしょう。

先日、先生のレッスンに行った時に、「ラフマニノフの前奏曲をやろうかと思う」、と伝え、「でも次までにできてるかどうか・・。」と言うと、先生が「うーん、でもまりはんちゃん、譜読み速い方だからね、聴かせてねー」って言ってくださいました。
内心、(ええー、私って速い方なの?)って思いました。
今まで「私は楽譜が苦手」=「遅い」「超遅い!」って思い込んでいたのですが、それは思いこみ?苦手だけど速いの?先生の「マインドコントロール」?(笑)

でもそのお陰で、「苦手」意識が遠のいています。
以前書いた記事の、「褒め育て」ではないですが、大人にも有効です。この方法。
ここはありがたくマインドコントロールされておくことにします(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/20 22:56】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
CD鑑賞
先日買ったCDですが。
ようやくラフマニノフのピアノ協奏曲3番にたどり着きましたー。
1、2、と聴いて、今3番です。

素人の感想ですので聞き流してください!!

1番は、正直な感想としては思っていたより「普通」でした。
なんていうのでしょう、普通にあるコンチェルトって感じで、チャイコフスキーみたいな印象を受けました。
あの2番を聴いた時のような、「もうずっとあなたに着いていくわ~」みたいな絶対的に夢中にさせる感じがあまりなかったなあ・・。
端々に「ラフマニノフっぽさ」のようなものが少し見られるかな、くらいだなあと思いました。
正統派って感じで、1番もすばらしい曲ですけどネ。
むずかしそう・・技術もいるんだろなあー。

それを聴いたあとの2番は「待ってました!!」って感じで、3回くらいリピートして聴いてしまいました(笑)
やっぱり、いい!
半音の使い方、メロディーラインが上がりそうでなかなか上がらない、行ったりきたりを繰り返す、その辺が「もだえる」(byミルヒー)感じなのかなあ。
雄大で、でも切なくなるような愁いのあるメロディー。
いいわあ~。きっと、その時代のロシアにいたら、ラフマニノフのおっかけをやってるでしょう(笑)

そんなわけで2番ばっかり聴いていたので、今ようやく3番始まったところです。
全部聴けるのはいつの話かなあ。
3番もいい感じですよ♪

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2006/11/19 23:35】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2)
ラフマニノフ 前奏曲
以前、あっさりラフマニノフのピアノ協奏曲(アレンジ判)をあきらめた私ですが、何か1曲でもいいからやってみたい・・というのもあって、前奏曲op.23-6をやることにしました。

とーってもロマンチックな曲ですよ(^^)

ところが!ある出版社の楽譜しか店に並んでなくて、しかも指番号が書いてない・・。
説明書きから、「ラフマニノフの手が大きかったので、全ての人にその指使いがあうとは限らない」ので、「あえて」のせてないそうですが。
それでも、載せてくれーー!!
その指使いを使うかどうかは演奏者が決めればいいことやん!!

すいません、めったに愚痴のようなものは書かないんですが・・☆



その出版社の横には、輸入版もあったのですが、音符がきたない(印刷の状況ですね・・)ので、それは買わなかったんです。

仕方ない・・。もう一冊、他の出版社のものを買おうかな・・。
自分で指使いを考えるには、私は専門的にはやってないので変な使い方をしてもいやだし。
アテにしていた先生の楽譜は、先生の家の引越し(今年の夏)で、どこかに埋もれてしまっているようで、すぐには見当たらない感じだし・・。

いつも、自分の楽譜の指使いが合わないときは、先生の楽譜を見せていただいたり、考えていただいたりしています。
ああーーー☆

うじうじしていてもしょうがない、ネットかなんかで見つけるとします。全音ならあるはず。
全音の別の楽譜の後ろの方の楽譜紹介にも載っていたし、「ラフマ本人と、構成者の指使いの両方を記載しました」と書いてあったし・・。
ネットや注文だと、中身が見れないのがなあ・・・。
多分、近現代の作曲家なので、そんなに出版社によって違いはないとは思うんだけど・・。
それまでに、もしオススメの楽譜とかがあれば、教えてください!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/18 00:54】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
のだめのCD
買ってしまいました。
「ORCHESTRA de NODAME LIVE」のCD。
昨日レッスン[教えてもらうほう]にでたついでに、CD屋によってみると、のだめのCDが出てる・・!
たまたま昨日が発売日だったみたいです。
タイムリー!

オケ編と、器楽編の2枚。
中身は、もしかして楽しみにしてられる方もいらっしゃるかと思いますので、感想はまたの機会に(笑)

クラシックコーナーを徘徊していると、ラフマニノフのCDが目に入ってきました。
「自作自演集」
わお!!
ラフマニノフ本人の演奏(自動録音)、そうかー、近現代にもなると録音も残ってるのね・・!!
録音の音質は古いので、限界もありますが、これは・・買うべし!

さらに、輸入盤が5枚セットになって、ラフマのピアノコンチェルト1~4と、さまざまソロ曲(もちろん「音の絵」も)が入って、2800円。
買うべし!

自分にオタクの香りを感じかけたところで、レッスンの時間が近づいたので、タイムオーバー。
やばいやばい。あのままいくと、完全に所持金失うところでした。

ラフマニノフのCDは、Orchestre du Capitole de Toulouse というオケと、Michel Plasson  という指揮者、Jean-Philippe Collard というピアニストでした。
知らないけど、まあいいか。
中の冊子を見たら、「え・・?」ふ、フランス語・・。意味不明。
千秋が訳してくれないかなーと思いつつ、曲名はなんとか想像しながら見ることになりました。

しかし、こんなけCD買って、ちゃんと聴けるのか・・・?
とりあえず、今はピアノコンチェルト2番聴き流してます♪

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/16 23:14】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
レッスン記
昨日は生徒ちゃんのレッスンでした。

10月から引継ぎで見始めた姉妹ちゃん。
引継ぎの時からの曲、そろそろ合格にしたいなーと思っていたのです。
二人とも、ちゃんと弾けてるーー(TT)♪

まずおねえちゃん。
今やっている曲は、前の先生の時から、しかも7月頃からやっているそうです。
最初に持ったのは(なんでこんなに時間がかかってるの?)というギモン。
よく見ると、初級の曲にしては、後半部分の伴奏の拍がとりにくい。
4拍子の曲なのに3拍子のような感覚に陥ってしまう形だったのです。
(例えば、ドミソドミソドー、っていう伴奏。3つのドにアクセントをつけると一気に拍感覚が狂います。)
っていう理由がわかってからはすんなり上達。よかった・・。
昨日はペダルもきちんと付けて、きれいに弾けていました。
合格♪
はあ~、うれしい・・。弾けるようになるんだっていう感動。

妹ちゃん。
昨日のレッスン前の練習、お姉ちゃんにピアノをとられてしまったようで、「練習できなかった・・」とスネスネしながら部屋に入ってきたのですが、曲の感じも大分つかめている様子。
ピアノ、メゾフォルテという指示も聞けるし、本人もノリノリで弾いている(メヌエットなので静かな曲です、気持ちがこもっているという意味です。)ので、合格!
音も、きれいな音が出ている部分があったので、「ここの音、ほんっとにきれいだったね!」のコメント付けて。
子供って素直でいいですねー。
次やる曲を弾いてあげて、Andantinoの説明をしたら、すっかりその気。
きっと、そういう記号の説明をされると、「アルファベットの記号も教えてもらった!」みたいなちょっと得意になった気分というか、雰囲気がちがいました。
そういうノリで、ピアノにどんどん取り組んでいってくれたらなーと思います。

子供のうまい下手は、実際に上手か下手か、なのではなくて、当たり前ですが、練習がどれだけできるかってことはもちろんですが、周りの大人がどう評価するかっていうのも大きいと思います。
「上達したね」って言われたら、「私は上達したんだ」って思ってくれると思うし、「この曲、苦手なんだね」って言われたら、まだ練習と改善の余地があるのに「私は苦手なんだ」っていう先入観が生まれてしまう。

お姉ちゃんのほうは、リズムの課題がむつかしくなるにつれて、音価がとりにくい様子もありましたが、「わかりにくいみたいだね」とか、「苦手なのかな」みたいな言葉は使わないでおこうと思いました。
課題の終わりに必ず、「大分わかるようになってきたね」とか「もう得意なんちがう?」とか言うようにしています。
そしたら意外とリズム課題もわかるようになってきたように思います。
私もこれは内心びっくりで、「ええー、うそ、最初の頃、付点あるだけでめちゃくちゃだったのに!」って思ってます(笑)
マインドコントロール?おそろしや・・。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/15 00:30】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(7)
コーラス♪
昨日無事、コーラスの発表会を終えてきました!

朝からいつもの練習場所の公民館に集合して、発声練習、通し練習を2回して、会場に移動、着替え。
みなさん、ちゃんとパールとか、ネックレスとか持ってこられていて、「衣装よーし、楽譜よーし」のみで来た私は「がーーん」。
優しいほかの方が、「私ペンダントにするし、あんたパール付け」と言って、パールのネックレスを貸してくださいました。
ありがとございますーー。
って「そんな大事なもの、とんでもないです」とか遠慮すべきだったでしょうか・・??

出番は2番目。
なので、ずーーっと待つしんどさもなく、緊張もなく、いい感じでした。
ピアノの時も、これくらいリラックスして出れたら楽なのになあー。
ピアノの時は、私は楽屋で精神統一(笑)、それでも集中できない時は外に出て空気を吸ったりで、とても客席に座ってられません。
コーラスのように「みんなで」っていうのはほんとに心強いですね。
自分達の前のグループをのんきに見ていられるんだからなあ・・。

舞台では、結構落ち着いて歌えたと思います。
うまい下手は別として・・(^^;
でも3曲があっという間でした。

15グループあったんですが、その一番最後は、すっごく上手!
混声のグループで、モーツアルトの「レクイエム」他2曲でした。
おお・・・選ぶ曲からして違う・・。
しかも、男性の声がまたきれい!!
混声は他にもありましたが、質が違うぞ!!
声がまたちゃんとそろってます。
(私達は女性のみです)
聴きごたえありましたー!

あ、今日はのだめ見なきゃですね!!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2006/11/13 20:58】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
図書館
久しぶりに図書館へ行ってきました。
はい。いつも書いてますが、うちは田舎です。
図書館の本の品揃えも、やっぱり寂しいような気がするのですが、その中からちょっと気になる本を借りてきました。

文字を読むのがとっても遅い私ですが(その割にマンガはあっという間に読めるんですね~☆)2冊。
一冊は「クラシック 名曲を生んだ恋物語」文字ばっかり。
と、もう一冊は「図説 モーツアルト その生涯とミステリー」写真やカラーページが多くて、私もすぐ読めそうです。

小学校の時は本はよく読みましたねー。
かわいい表紙の本は特に気に入ってました。
学校が「読書リレー」みたいな、一冊読んだら一箇所色を塗れる用紙を作っていて、それに色を塗るために読んでいたような記憶も・・。
中学で部活始めたら、もう本なんて読む時間がなくなってしまったって感じ。
それで「本を読む」習慣ってのがぷっつりと切れたようです。
そんな感じだったので、公共の図書館に行くようになったのは、ほんとここ最近です。

今住んでいるところの図書館は、音楽コーナーが棚2段しかなくて、かなりがっかりしたのですが、逆に、物は考えよう、音楽コーナー全制覇も可能です(笑)
そして、今回初めて気がついたのですが、音楽全集がありました!!(棚2段に含まない(笑)
びっくりしたーー。
どこかの奇特な企業さんが寄贈したようです。
でも貸し出し禁止・・・・☆
いつか時間のある時に行って読もうかな。。
あと、音楽辞典ですか?何か言葉の意味とかのってる辞書みたいなのもありました。
へえーー。通う価値があるぞ。5時閉館ってのが早いけど・・・公共ってそんなもんか。

そんなわけで、ここの図書館を見直した今日でした。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2006/11/10 23:58】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
コーラスの発表会
おかげさまで風邪も退散(^^)ありがとうございます。
やっぱりあったかい服&栄養のある食事&睡眠って大事ですね~!

さて、今日はコーラスに行ってきました。
今週の日曜がコーラスの発表会で、(このあたりのいくつかの町にあるコーラスグループが出ます)みんなはりきってました。
衣装も、私は新入りのため、なくって、貸していただくことに。
上が肩にリボンのついた水色の光沢のあるブラウス、下は黒のサテンのロングスカート。
それっぽいです~♪

この黒のロングスカート見て思いました♪
「ピアノの発表会とかにも使えるかも・・」
上を変えれば、十分使えそうです。

それにしても、どうしてこう「衣装」って見るとわくわくするんでしょう。
舞台に上がる緊張感もあるけど、なんだかこういうドレス着てステージに立つって、ステキ~(^^)と違う方向へ走っていきます。
小さい頃のピアノの発表会も、おばが手作りしてくれたドレス、買ってもらったドレスの2つはよく覚えていて、とても気に入ってお正月にも着せてもらってました(上からセーターをごろごろ着させられながら)
中学生くらいになると、「そんなの着ない!」とか言って、ズボンで出ちゃったりしてましたが。

なんだか衣装の話ばっかりになりましたが☆
そう☆コーラス。
3曲歌います。
「雨」「山の子供」「落ち葉の歌」という曲。
もちろん日本の歌ばかりです。町民コーラスですので。
3声に分かれるとやっぱりきれいですねー。
自分が歌いながら、他のパートにも耳をかたむける。
ちょっとバッハの練習にも似てるなーと思いました。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2006/11/07 23:31】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(10)
風邪ひいてませんか
10月はなんだか暖かかったのでのんびりしていたら、風邪ひいてしまいました~☆
そんなわけで昨日は連休最終日なのに1日寝てました。ぐすん。
今日は回復(^^♪
みなさんは風邪ひいてませんか?

こういう寒くなりかけの時って、気が付けば体調くずしていたりします☆
朝、なんとなく起きにくかったり、昼間でもみょうに眠たかったりっていうのは風邪ひきかけの前触れだったんだな~、と、体調崩してから気づいたりします(^^;
冬は寒いので「朝ふとんから出にくい~」っていうのと、風邪でおきにくい、っていう区別がつきにくいですよね☆
もうちょっと早く気づけば楽だったのに~☆

しんどい時は食欲も減るため、こういうときのために、冷蔵庫にはゼリーが常備されています。
プリンは買っておいてもふだんからついつい食べてしまうため、今回はストックがなくなってました。がっかり。
いつもあったお湯でとかすだけのホットレモンの買い忘れ☆
最近のお気に入りは、ぶどうとナタデココのゼリー。
ぶどうの粒が入っていておいしいんです~。

あと、よく考えたら、体調崩す前2~3日、お昼ごはんめちゃ手抜きしてました☆「え、それお昼?」っていうくらい☆
カップめんさえも食べてなかったからなあ・・。
食事は大切ですね。
あー、でもやっとピアノの練習できるわ~。
3連休ほったらかしだったから、がんばらなくちゃ♪


【2006/11/06 10:20】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
譜読みの先にあるもの
先日生徒ちゃんのレッスンをしていて思ったのですが、
両手で弾けるようになった=その曲の完成、という図式ができてるみたいです。
確かに、右左別々の練習、両手を合わせる、それだけでも2ヶ月ほどかかっているので、両手で弾けるようになったらそれで○、とするのがいいのかな・・今は。

今は譜読みができるようになることが目標。
それに同じ曲ばっかりやっていたら飽きてくるだろうし、どんどんいろんな曲に出会う方が今の年齢(小2)ではいいんじゃないかなーとも思って、それで○、とする方針でいくつもりです。
でも、譜読みが終わってからが実は練習本番なんだってこと、いつかわかってほしいなと思います。

譜読みはその曲への入り口。
入り口からどんどん中へ入っていって、その一番奥にあるものを掴む。
その時の楽しさ、嬉しさ、達成感はとても大事。
それには暗譜も必要だし、弾きこむことも大事。
何より、曲想の理解、微妙なニュアンス、歌いまわし・・などなど。
それで「曲を仕上げた」って言えると思います。
小5のお姉ちゃんの方には、模範(?)演奏してみせましたが、はたしてどこまで伝わってるか。。
そこまでこれたら、ほんっとに心から「ピアノって楽しい!」って思ってくれると思うんだけど。
・・ってこと、きっと中学位になったらわかってくれるかなぁ・・。
高校位かなあ・・その頃までピアノ続けてくれてるかなあ・・なんて思います。

・・とか言いつつ、私も先生に「楽譜をちゃんと読みなさい」と注意されるんですがね☆
今やってる革命と英雄の2曲は有名曲だけに、覚えてしまってるので、楽譜を見るより先に音が浮かんでくるのです(^^;言い訳・・?)
結果、和音に音を足していたり、違う音を弾いていたり、長さがちがったりするんですねー☆
この2曲は、例えば、演奏会、とか人前で弾けるくらい完成させたいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/04 00:15】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
ラフマニノフ
ラフマニノフの、ピアノ協奏曲第2番。
最高にステキです♪とろけそう~。
なんでしょう、気になる人ができて、なーーんとなく、つきあいそうな、でもまだ一応片思いっていう状態?(笑)
すいません、文学的でなくて・・。
でも、そういう気持ちをたっぷり思い出させてくれる曲です。
曲に恋しましたね。(スマン、夫よ)
のだめカンタービレ(まんが)で千秋が弾いていましたね♪

あまりにステキなので、のだめカンタービレ♪のアレンジ判の楽譜を買ってしまいました。
ぱらーっと見て、「え、これアレンジだよね・・?」
確かにあの大曲が、なんとわずか5ページにおさまってる!!
もちろん最初の「ちゃーん・・だーん・・ちゃーん・・だーん」から始まって、ドーーレ ドーーレ ドレミレドレソー・・と続くんですが。
問題発覚。
原曲と変わらんぞ・・☆=指とどかない。和音はばらして弾かなあかんのか・・。
しかも、そのドーレドーレ・・はオケ部分、2台ピアノならセコンドがやってくれるの・・それを自分ひとりで・・。
その上、中間部分の大好きなところが抜けてるの・・。
(5ページなんだから当たり前か)
一気にやる気が失せました(笑)(・・笑うとこなんか?)

そんなわけで、2番への野望はあっさりうちくだかれましたが、
いい機会なので、ラフマニノフを何かやってみようと、前奏曲がとっつきやすそうなので楽譜買って来ました♪

こうやって弾きもしない楽譜が増えていくんだな。
とりあえず、悲愴2楽章が落ち着いたので、ぱらっと見てみようと思います♪
あ。。悲愴第2楽章、きらきら☆プチコンサート(ずいぶんほったらかしです)で発表しようと思ってるんですが、まだ納得いきませんーー☆
音が「紡がれて」ない!
そのうち発表できればなーとは思ってますが、暗譜もまだだし、当分先になりそうです☆




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/11/02 23:30】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。