スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
舞台で練習
週1の第九の練習ですが、とってもありがたいことがあります。
アルトの練習場所がホールのステージなのです。
人数が一番多いから一番広い場所になったのでしょう。
ホールの予定がない時は当分ステージが練習会場になるようです。
こんなにホールの予定がないとは、田舎ならではですね・・(^^;

今まで、ステージに上がる時は発表会などのリハ&「本番」のみ。
「神聖な場所」って感じで、ステージそのものに慣れるのはむずかしいと思います。
なので、第九の練習で、ステージからの客席の風景や、ライトのあたり具合などに慣れれたらなあ。。とありがたく思ってます♪
そして、ありがたいことに客席も電気は消えてるんですね・・。
単に「節約」なんでしょうけど。
まさしく本番と同じ状態です。
暖房がついてないのはつらいです(^^;

~♪~

今日、前から食べたかったおいなりさんを作りました♪
すし飯は「すし太郎」ですが・・。
おあげは炊きました!
初めて作ったのですが、おいしいもんですね~!
多分おあげが違うんですね。スーパーとかで売ってるのと。
ジューシーでした~(^^)

おすしをおにぎり位の大きさに握ってしまったので、1個がめちゃくちゃ大きく、食べるのが大変でしたが(笑)
そして、普通の長方形のおあげを3等分して使ったので、当然おあげの真ん中部分は両端があいた状態で、袋にはならず。。
でもまた作りたいと思います♪
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/01/30 23:53】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(9)
前奏曲 op.23-6
前奏曲op.23-6(ラフマニノフ)

久しぶりに曲の紹介です。

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ
(1873~1943)ロシア
op.23には10曲の前奏曲があり、1901~1903年の間に作曲されました。
バッハやショパンのように、24曲(全調)の前奏曲を作曲しています。
前奏曲は他にop.32に13曲、op.3-2の1曲があります。

さて。23-6はすごくロマンチックな曲です。
以前、テレビで前奏曲を6~7曲弾くリサイタルの様子を見ていましたが、これが一番ロマンチックで、それでラフマニノフの前奏曲をやってみよう、と楽譜を買いに行ったのが私とラフマニノフとの出会いです。

左手は16分音符、一応伴奏ではありますが、この中にもメロディーが散らばっていて、全くの伴奏とはせず、どちらかというと別の声部として歌いたい部分です。
右手はオクターブで甘いメロディーを歌います。
内声もところどころあって、この辺の歌い分けをしたいですが・・どこまでできるか(^^;
なんとなく、バッハのような(全然響きも作風も全く違いますよ、でも、それぞれが独立した声部という意味で)感じがします。

半音で行ったりきたり、独特です。
でもこれが甘さの秘訣なんでしょね~♪
ああ~ラフマニノフに恋しちゃいそうなくらいステキだわ~♪
(なんだかオタクっぽい発言の自分が怖い・・(笑)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/27 22:15】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(9)
発表会の選曲
昨日のレッスンで、4月の発表会の曲を決めてきました♪
とりあえず、前奏曲op.23-5,23-6(ラフマニノフ)の2曲です。
先に6を弾いて、後に5を弾くことになります。
で、もし2曲は無理だ~!ってなったら、5だけを弾くことにしました。

私が「2曲弾きたいんですけど」と言うと先生も賛成してくださいました。
両方合わせても10分いかないし、長いことはないから2曲でも大丈夫、と先生の許可もいただいたし、そもそも先生も、この2曲をセットで弾いたらどうかな~と思ってくださっていたみたいです。
ああ~それにしても初めて弾くラフマニノフ、すごく楽しみだわ~!!

~♪~

レッスンに出たついでに、CDを購入♪
1枚1000円ってコーナーで・・。3枚ゲット。

ブラームス:交響曲1番とハイドンの主題による変奏曲作品56a
 byウィーンフィル、指揮はカルロ・マリア・ジュリーニ
(今聴いてます)
ベートーベン:交響曲9番。あの合唱付です!
 byウィーンフィル、指揮レナード・バーンスタイン
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、海、夜想曲
 byパリ管 指揮ダニエル・バレンボイム

ベートーベンは、「第九歌うし・・」ってことで、いまさらながら買ってみました♪ま、そのうち聴くとして・・。
ブラームス、よく考えたら1番のCDが実家に2枚もありました☆
買う必要なかったか・・・??
この調子なら「第九」のCDもあったんじゃないだろうか・・??
でも、CDのオケも違うし、せっかく自分で聴く気になったから(正直「のだめ」効果ですが(笑)いいかな。

多分こだわる人はあのオケがどうの、とか指揮がどうの、とかあるんでしょうね。
私はオーケストラの音楽って、「そういえば聴いたことアル」とか「このフレーズ好き」とか、そんなレベルなので、そういうむずかしいことはわかりませんが・・。
ベルリンフィルのCDもあったのですが、値段で(^^;;ウィーンフィルにしました。
とりあえず、聴いてみることが大切かなあって思いました。










テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/26 22:57】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
明日
ようやく明日今年初レッスンです。
とりあえず、新しい曲(前奏曲op.23-5)譜読みは終わりました。ふう~

今日は一日肩こりがひどくて寝てしまうハメに☆
なので練習が全くできず・・ぐすん☆
夕食はキムチ鍋にして、体の中からあったまり、お風呂には「きき湯」というだんなっちが買ってきてくれた入浴剤を入れてあったまり・・。
今はココアを飲んであったまってます。

22~3歳くらいから、万年肩こりみたいな感じです☆
なんでですかね!?
ああ~この肩こりさえなければ頭痛とも吐き気とも眼精疲労とも無縁なのに~って思います。

運動不足って肩こりと関係あるでしょうか?☆
学生の時まではサークルとかで運動してたのが、就職してから運動は全くしなくなりました☆
あと、やっぱりパソコン?
大学あたりからパソコンを使うようになり、仕事では常にコンピューターを使ってましたからね~☆

うーー。いずれにしても、肩をとりかえたい!!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/24 20:38】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
脱力
生徒ちゃんのレッスンですが、去年の10月から引き継いで3ヶ月。
最初、おうちに行く時(出張レッスンです)はすごく緊張したなあとか、もう思い出のような感じです・・。
なんとなく軌道にのった感じ&彼女達の進むペースがわかってきたので、以前から気になっていた手の形を直していこうと思います。
正しくは、脱力、弾き方。かな?

これまで、曲の練習中にちょっと直したりはしていました。
でも、これからは本格的に直して行きたいと思います。

子供の手って柔らかいんですよね。
なので、大人から見たら「ええっなんでそんな手の形?」って思っても、うまくいってる場合もあるようです。
あと、手が小さいので、指使いなどは、その子の手にあわせて変えてあげる工夫も必要ですね。

でも、おねえちゃんの方は5年生。
そろそろ背ものびて、手も指は細いけれど大分大きくなってきた状態。
曲も装飾音や音階なども出てきてるので、きちんと今のうちに直したいと思います。

脱力しているか調べるのは簡単。
生徒の腕を先生が持ち上げ、それをぱっと離すと、脱力できている腕はぱたっと落ちますが、できていなかったら腕はあがったまま。
意外とできていなくて、「あれ~、力入ってなかったら腕ぶらーんってなるはずやで~」とか言って笑わせます(笑)

脱力して指を動かす、というのを意識してもらうために、それぞれの手におもちゃ(ボールみたいなの)を5本の指で持たせて、腕の力を抜かせて、ぶらぶら振る、という方法。
そして腕の力が抜けたのを確認したら、順番に指でおもちゃをとんとん、としていきます。
小学生に人気のシナモロール(私も好きです♪)のおもちゃが丁度あったので、それを使いました(^^)
(あ・・念のため。長い耳の、白い犬のキャラクターです。
ちなみに耳で飛べるらしいです(笑)
毎回やったら飽きるだろうけど、たまに確認のためにやってもいいかなーと思う方法です。

そして、弾いている手を見せ、実際に私の手を触らせる。
一緒に弾きながら手の形を意識させる。
多少「先生の前」というのは緊張する(はず・・)ので、緊張をほぐせるなら、生徒がいやがらない限り、手を触ったり触らせたりというのはアリだと思います。

でもやっぱりまだ「弾く指」が出来てないのかもしれません。
長い年月かけて出来ていくものですものね・・。
じっくり、ゆっくりして行こうと思います。

【2007/01/23 00:13】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
第九
週1で第九の練習があるのですが、先週の練習で全体指導の先生が、
「とても間にあいません」

え?
あと一年弱あるやーーーん。

「毎日家で腹筋してください」

ひえ~。「楽しくコーラス」感覚で参加した私はちょっとびっくり。
腹筋か・・。中学以来してない気がする。

その全体指導の先生が帰られた後で、アルトの指導の先生が、
「腹筋まではしなくていいけど、V字バランスでお腹を鍛えてください」
とフォロー。
そりゃそうだよね・・おばあちゃんって呼んでいいような方々もわりといらっしゃるんです。
彼女たちが腹筋なんてしたら腰いわすよ・・。

私は若手な方。なので、腹筋もしたらいいんだけど。
今のとこV字バランスです(笑)

結局、オーケストラのバックで歌うから、今のままじゃ、声が負けるんでしょうね。
声楽を専門にやってきたプロならともかく、合唱って初めて・・って感じの人も結構いるし、やってても、町民コーラスだし・・。
肺活量も、発声も、ドイツ語だって、何から何まで素人。

そんなわけで、夜はちょこっとだけ、(ほんのちょっとだけ)歌ってます。
正直、びっくりするほど下手です。

ピアノやってたお陰で、音程は取れるんですよ。
かすか~な声しかでない。
声質も、全然ダメですね。
シェイプアップにもなるし、V字バランス続けよう・・と思った今日でした。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/01/21 01:01】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(16)
手帳
手帳って使っていますか?

おととしあたりから、マンスリーのものを使うようになりました。
学生の頃はシール貼ったり、プリクラ貼ったり・・なつかしい!ケータイを持ってから手帳を使わなくなりました。

そして、今年は、持ち運び用にマンスリーの小さいの、家で使うのにウィークリーが載ってる大きめのを使っています。
この大きめのは、粗品でもらったのだけど、とってもいいですよ。

毎日のスケジュールが時間を刻んで書けるようになっていて、となりのページは余白になっているのです。
先日、本屋さんで「夢かな手帳」(夢がかなう手帳)というのを見かけて、それの中身を見たら、似たような感じ。
縦書き(夢かな手帳)か、横書きか(私の手帳)の違いくらいです。

その余白部分に、「夢かな手帳」は、「to Do」と書いてあって、その日しなければならないことを書きます。
なので、昨日までは、私は余白を日記とか、その日あったことをメモする欄として使っていたのですが、明日からはその日しようと思うこと、しないといけないことなどを書くことにしました。

夢かな手帳の最初には、年間スケジュールを書き加える部分があるというのもにています。

これを見ていて、「夢」ってかなうんじゃなくて、自分で「かなえる」ものなんだなーって思いました。
30歳にして気づくの遅い?(笑)
そして、「夢をかなえる」には、自分が何をしているか、これから何をするのか、どういう状態にいるか、を把握してないとだめなんです。
そして、時間単位のスケジュール表があるのも、「どのくらいの時間を自由に使えるのか」というのを知るためで・・。

そんなに大きな「目標」とか「夢」とかなかったとしても、有意義な時間を過ごすために大事なことだなーって思いました。

毎日いきあたりばったりな私ですが、この手帳をもらったことで、少しは予定とか、前もって管理できるようになるかな・・?

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/01/18 21:55】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(10)
カット
久しぶりに髪を切ってきました。
ほんっと久しぶり。
なんとなっっくずるずる伸ばしていて、肩甲骨あたりまで伸びていたんです。
ショートとミディアムの中間くらいです。
新年、気分一新!さっぱりしました。

そして・・。
今日、ニューイヤーコンサートのDVDが送られてきました。
素人がとっているので、画面傾いてます(笑)

見るだけなのに、め・・・めちゃくちゃ緊張した・・(笑)
自分の演奏を見るというのは、心臓に悪いですね。
デッキに入れるまでに、精神統一にしばらくかかり(笑)、再生ボタンを押すのにまた勇気がいり、舞台ソデから出てきた姿を見て、目をおおいたくなり・・。
演奏自体については、コンサート後談で書いたようなことでした。
やっぱりしっかりfisを弾いておりました・・がっくり。

演奏を見ていて思ったのですが、私って弾いてる時の姿勢悪いことがあります・・。
幻想即興曲の、第一主題部分、猫背☆
幻想~の中間や、ノクターンはまだましですが。。

「のだめ」で、のだめがやたら猫背で弾いているのを見て、「うーん、姿勢悪いなあ」なんて思っていたのに☆
いるよ、ここに。猫背で弾いてる人が・・。

弾くときの理想としては、姿勢(背筋)良く、腰・・ていうかお腹・・?で体を支えている姿勢が基本だとは思うんです。
そのほうが、腕の重みを使いやすいし、脱力もしやすい・・ですよね?
う~ん・・。
猫背で弾くって、ありですか?どうなんやろ・・。

そして、歩き方!
もー、何あれ?
ロングドレスのすそをふんずけて転ばないように気をつけすぎて、歩き方そのものがおかしい!!ペンギンか?
弾く以外のことにも気をつけねば、と思った今日でした☆




【2007/01/16 23:04】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(6)
バイオリンリサイタル
今日はバイオリンのリサイタルに行ってきました。
バイオリンと、ピアノの伴奏で、姉妹だそうです。

エルガーの「愛の挨拶」にはじまって、タイスの瞑想曲や、チャールダッシュ、ゴリウォグのケークウォークなど、有名な曲を交えて色々弾かれました。
シャコンヌ(バッハ・無伴奏)はさすがにすごかったです。
全て違う作曲家のものを選ばれていて、幅広いなあ~と思いました。

いいなあと思ったのは、スライド画面を用意して、バイオリンの仕組み、工房、ミラノやクレモナの町などを紹介されていたこと。
トークに加えて、視覚でも説明を加えて、クラシックにさほど興味のない人にも退屈されないように、という工夫がみられました。

アンコールは、ピアソラを3曲弾かれました。
だんなっちは、「最後の曲が一番好き~」と気に入っていました。
きっと、アンコールは、コンサートが無事終わって、少し肩の荷がおりた感じで弾けるので、本当にその人が楽しんで演奏できる曲だったんだろな~って思います。
私も、アンコール2曲目(鮫)と3曲目(リベルタンゴ)がイキイキしていて、いいなあって思いました。
もちろん、プログラムの曲もよかったです。

ケーキ屋さんでケーキを買って帰って家でお茶をしましたが、ピアノの練習がしたくなって、夕食までの1時間半ほどだったけど、練習しました。
生の演奏を聴けてちょっと刺激されたのかな。
出来るだけいろいろ足を運びたいと思ってます♪
(田舎だから限界がありますが・・(笑)

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/01/14 21:05】 | 演奏会 | トラックバック(0) | コメント(6)
初レッスン
昨日は生徒ちゃんの初レッスンでした。
お正月で、冬休みで、しかもレッスンもお休みで・・。
多分気持がゆるんで、練習できてないだろうなあ・・と思いながら行きました。

妹ちゃん。
バーナムはできていない、と本人も言ったので、課題は2つ出していたのですが、一つは一緒にやって、もう一つは次までにやってくることにしました。
一応、練習できてないことを予想していたので、4小節ほど初見の課題を用意しておきました。よかった。

曲は、一曲は少し練習していたようで、そちらを重点的に見て、次には両手合わせてこれるかな~って感じです。
もう一曲は、本人が「全然だめ」と言ったので、あえて見ず、お手本として弾いてあげて、次にやってくることに。
丁度、前回に2曲合格にして、今年から新しい曲に入ることになっていたので、「弾けていたのに、弾けなくなった・・」ってことにはならず、良かったです(^^)

おねえちゃん。
バーナムは、練習できてないなあ・・という感じです。
自分から「できていない」と言えない子です。きっと、「練習できていない」=「悪いこと」という意識がどこかにあると思うので、ここでチクチクつっこむのはどうかと思います。
譜読みのミスを直して、次回にもう一度見ることに。

さて、曲は・・。
1曲は、両手で途中まで弾けるようになっていました。
「途中まで両手でやってきた」といってくれたので、(褒めポイントあってよかった~って気持で)内心(ほっ)としました♪
もう一曲は、全音音階を使った曲で、ちょっと感覚をつかむのがむずかしい曲。前々回まで、「普通」な感覚の曲を結構長いことやっていたので、ちょっと雰囲気を変えて・・と思って、この曲をやることにしました。
両手+ペダルで音の響きを楽しめるようになって欲しい曲です。

とりあえず、初レッスン、無事に終わりました~。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/14 00:29】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
ラフマニノフ 前奏曲op.23-5
前奏曲op.23-5(ラフマニノフ)

曲集に書いてある説明によると、生前、前奏曲の中で一番有名だった曲だとか・・。
有名とかそういうことはさておき、弾き応えのある曲だなーと思いました。

4月の発表会で、この曲を候補にあげているので、おとといあたりから譜読みを始めました。
今回は、ズルをして、最初からCDを聴くことに・・。
こういうことをしてると、譜読みの力がなかなかつかないんだな・・と思いつつ、早く譜読みを終わらせたいので、「今回だけ」と言いながら(笑)
多くの方がそうだと思うんですが、CDを聴くと、格段に譜読みのスピードがあがります。

たまたま、ラフマニノフ「自作自演集」の中にこの曲があったので、本人の演奏を聴くことができました。(CDだけど)
ショパンとか、昔の演奏家の演奏は、録音なんてもちろん残っていないし、楽譜から「どう表現したいのか」っていうのを読み取るしかないけれど、「録音」という技術ができてからのものは、本人の演奏を聴けることもあるので、なんてラッキー。

A-B-A'という形で、この中間部がものすごくきれい。流れるような左手の伴奏に、右手が歌います。
最初の部分は、ちょっとおどろどろしい雰囲気も出しつつ、和音をたくさん使っていて、華やかな部分もあります。
うーん、いいかも。

今年初レッスンが25日の予定なので、それで何を弾くか、決めることになりそうです。
年末のレッスンで、「23-5も候補にあげたい」と先生に相談したら、「結構むずかしいよ。とりあえずやってきてください」とのことだったので、「とりあえず」やってます。
私の曲選びに関しては自由にさせてくださるので、ありがたいです~。

【2007/01/12 00:20】 | 色んな作曲家 | トラックバック(0) | コメント(6)
2007年の目標(?)
年明けにすでに「今年の目標」を立てていらっしゃる方をたくさんお見かけしつつ、ずいぶん出遅れてしまいましたが、私も「今年の目標」みたいなのを立ててみようかな、と思い始めました。

・・と思ったら、そういえば、去年、「一年で10曲」かなんか、目標を立てていた様子(^^;;
他の方のブログの中で言われて、「あ、そうだった!」と思い出しました(笑)
なんて忘れっぽい・・
そんなことで、めざせ10曲!

~♪~

コンサート終わってから、後のフォローに追われていましたが(主にお礼状書き)そろそろ、気持を入れ替えて練習もし始めます。

今練習中の曲♪

ラフマニノフ 前奏曲 op.23-6
同じく op.23-5をこれから練習し始めようと思っています。
英雄ポロネーズ。12月はほとんど練習できなかった・・。レパートリーにしたい一曲です。
ちょろっとインベンション15番。(さすがに2週間で1曲という目標は無理でした(笑)

昔練習した曲も、数曲はもう一度(人前で・・)弾けるように持っていきたいと思ってます。

今習ってるとこの発表会が4月にあるので、そこで、ラフマニノフの前奏曲op.23-5か、英雄ポロネーズを弾きたいと思います。
op.23-6もきれいなんですが、舞台で弾くならop.23-5って感じがする!
英雄の方は譜読みも終わってるし、覚えかけてる部分もあるので楽なんだけど、今の気分的には前奏曲です。
これから譜読みがんばらなくては~。

2月までに何を弾くか決めてくださいって先生に言われてます。
(プログラム調整&印刷のため)
あと半月やん!
なんかお正月ムードでのんびりしすぎてました~。








テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/10 20:33】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(4)
舞台裏にて
ニューイヤーコンサートプログラム

まりはん ショパン:幻想即興曲
          ノクターンop.27-2
          子犬のワルツ

フルート ジョルジュ・エネスコ:カンタービレとプレスト
     ジョルジュ・ユー:ファンタジー

ピアノ  リスト:「巡礼の年 第2年 イタリア」より
             ペトラルカのソネット第104番
     ショパン:バラード第1番

~intermission~

ヴァイオリン イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番ト短調

ピアノ  プーランク:3つの小品 Ⅰ パストラル
                 Ⅱ 賛歌
                 Ⅲ トッカータ

(お名前は、個人情報を考慮して、楽器名にさせていただきました)

舞台裏では、5人の出演者+1人の伴奏者が、2つの楽屋に割り振りされていました。
私はフルートの方とその伴奏者、最終出演者のピアノの方と同じ楽屋で4人で使っていました。
フルートの方とは、昨日の記事のとおり、丸い雰囲気を持てたのですが、もう一人のピアノの方、すごくピリピリしておられました。
お母様がつきそわれて、着替えなどを手伝われていました。
それを見て「なんだ~母親ツキもあり?」って思いました。

プロなら、細々した雑用や、外部とのコンタクト諸々、マネージャーや付き人がやってくれるわけですが、私たちはそうはいきません。
でも、「ちょっと頼める人」っていうのが必要なんですね・・。
それこそ、ドレスの後ろのファスナーを上げてもらう人(笑)
私は根性で背中に手を伸ばしましたが(やっぱ母親にいてもらればよかった~と後悔しながら)このアクロバティックな体勢、本番前に肩をいわしたら、大変なことです・・。

さて、その人は必死で机をたたいておられ、とても話かけるムードではなかったです・・。
でも、楽屋を出て行くとき、「そろそろ行ってきます~」と3人に挨拶。
ようやくその人の笑顔がみれました。
演奏を終えて帰ってきたら、その人がにこっとほほえんでくれました。
よかった~。やっぱり、同じステージに立つんだから、いい雰囲気でいたい。

かわいそうだったのは、真ん中のピアノの方。
ヴァイオリンの人と同じ楽屋で、2人で使われていたのですが、ヴァイオリンの方はずーーーっと弾いていました。
開場どころか、開演のブザーが鳴ってもずっと弾いていて、舞台ソデに控えていた私にまで聴こえている・・。

ちょっと常識ないんちゃう??自己中心的ちゃう?って思ったけど、あれが普通なんかなぁ?
音大出てない私には、その価値観はわからん☆
スタッフが、あわてて防災ドア?みたいなのを閉められていました。
経歴を見たら、音楽でとっても有名な大学の学生でした。
舞台ではソツなく演奏されていましたが・・。

でもですね。同じ様に楽器を持ち歩けるフルートの方は、みんなが集中に入る開場時間すぎたあたりからアクションのみに控えられていましたよ。
それが他の出演者&お客さんに対する気配りってものじゃないかしら?



 

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/09 01:04】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(10)
ニューイヤーコンサート打ち上げ!
1月6日、ニューイヤーコンサートを無事終えました!
みなさまの温かい励ましと、日頃、応援してくれている家族のおかげです!
ありがとうございます。

6日はハードでした・・。親にとっても・・。
朝8時に起き(私にとっては結構きつい☆)、実家のため、親が用意してくれた朝食(ありがたい!!!でも、弟がお正月に買ってきてくれていた「東京ばなな」です(笑)とカフエオレを飲み、着替えたりして8:40頃から練習。9:20には家を出るので、40分程度でしたが。

父親が「会場まで車で送ってやる」と運転手の立候補。
車の中でお化粧をしていましたが、眉毛に集中したため、車酔い(笑)
両親が爆笑する中、後部座席で横になっていました。
会場に着いたのは、10:20でした。

私のリハが10:40~11:00。じっくり時間があって、一回通した後、少し気になるところをさらいました。

さて・・。

同じ楽屋の次の演奏者(フルート)の伴奏の方に譜めくりを頼まれてしまいました。
フルートの曲なんて知らんぞ~。
譜めくりも初めてするぞ~・・。
なにより、初対面じゃないか~・・。
とはいいつつ、自分の出番は終わったあとの方だし、まあできるかな、と思ってあっさり引き受けました。

これがかえってよかったかも。
割とお互い親しみを持てたのか、べらべらおしゃべりはしないけれど、ちょっと雰囲気が丸くなりました。

リハの時は母親が客席で聴いたり、楽屋にいてくれていましたが、なんとなく「いい歳して母親ツキかよ」って思われるのも気恥ずかしくて、「お昼買って来てくれたらお父さんと遊びに行ってきていいよ」と言ってしまいました。
今回は、前の職場の上司と、大学の先生もお呼びしたり、結構色んな方に声をかけていたので、そういう方々への挨拶を両親に頼みたかったので、開場前に戻ってきてくれるように頼みました。

さて、開演。

私は一番手です。
緊張はしましたが、「あがる」という感じではなく弾けました。
表現としては、自分の思うとおりの音を出せたと思うし、歌いまわしもやりたかったようにできました。
でも、3曲とも音をはずした・・・☆しかも、「なんで?」ってとこで。
幻想即興曲、半小節くらい右手がよたよたしたところがあったと思います☆これにはショック☆
ノクターン。考えなくても、Des DurのⅠの和音。fisなんて入ってるわけないのに、4小節目の右手のFをfisで弾くというびっくりするような間違いを・・。
それ以外はミスタッチはなかったと思います。思いたい。
子犬のワルツは、最後の方、気分がよくなって「いつもと違う歌い方をしたいな・・」と、バカなことを・・(笑)
そして見事とちりました。
ああいう場では「普段どおり弾く」のがいかに大切か、と思いました。
「ちょっと変わったことをしたけりゃ、ホームコンサートでしなはれ」

でもですね~、なんか満足だったんですね。
演奏を楽しめたっていうのが一番大きかったです。

終演後、知り合いの人たちに挨拶しましたが、みんな色々褒めてくださって、(そもそもけなしはしないでしょう・・知り合い&友達&親戚だし)さらに気分よくなりました(笑)
お花ももらえたし・・。

「夕ご飯はおうどんでいいよ~」なんて言いながら帰ってきたのですが、だんなっちから電話。
仕事が入っていけなくてごめんってことと、「明日(7日)から大雪だ!」という天気予報。
で、「明日帰らずに3日くらい実家で泊まって、雪を避けて帰ってこい」とのことだったんですが。
そんな3日も実家にいて、することないやん・・。

急遽、その夜に帰ることにしました。
ふたを開けてみりゃ7日、全然雪降らない!!
なんだ~☆

でも、今日は一日中、来てくださった方へのお礼状書きに追われていました・・。
お礼状はパソコンで打ったのですが、最後にちょろっといただいたもののお礼や、封筒への宛名書きをしていると、結構時間がかかります☆

あ~つかれた☆
しかも切手足りない・・。






テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/07 23:29】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
いよいよ
あさってがニューイヤーコンサート本番となりました。

実家の近くの会場のため、明日実家に泊まりに行きます。
実家にはグランドを置いてあるので、本番前はそのほうがいいっていうのもあるので・・。

弾きこみに入る前はピアノが替わるとその違いに演奏が左右されていてめちゃくちゃになったりしたけれど、大分ピアノが違っても大丈夫になってきました。
ただ、グランドだと、指が速く動きすぎるのが怖いです。
特に先生のスタンウェイ・・鍵盤がめちゃくちゃ軽いです。

鍵盤の軽さに対する調整が明日できればなあ・・と思います。
(あ、私はそんなに高速で弾けないタイプなので、「私にしては速く動く」ってことです)
本番当日の午前中にリハがあるので、その点は安心ですが・・。

今日、だんなっちの誕生日だったので、「バースデーコンサート」と題して、ピアノを弾きました。
(どっちかっていうと、私の練習みたいなもんです☆)
一箇所音がやばかったところがあったのと、夕ご飯前だったので、(だんなっちお腹すいてるやろな・・)とかちょっと気になりましたが、無事弾ききれました。
明日は親に観客役になってもらって、さらに自信をつけようと思います。

いつも応援くださる方々、読んでくださってる方々、ありがとうございます!
がんばってきます!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/04 22:38】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(15)
今年もよろしくお願いいたします。
今年もよろしくお願いいたします。
(喪中のため・・新年のごあいさつはひかえさせていただきます☆)

・・とはいいつつ、お正月は大好きです♪
初詣がいけないのは残念だけど、おせち、お正月特番、だら~っとみかんを食べる(笑)
昨日の夜はやっぱりなんとなくウイーンフィル。

ピアノ初弾き。
お正月、最初に弾いた曲は何ですか?
いつもは練習の最初に通し練習をするのだけど、昨日だけは、なんとなくせっかくの「元旦」、「何を弾こうかな~」と楽譜をぱらぱら。
目にとまったのは「美しき青きドナウ」
やっぱ、こういう気分なんじゃないですか?(笑)

実は色んな曲が一冊にまとまった本の中にあっただけで、初見状態なので、気持良く弾くところまではいかず・・。
3つ目のワルツまでひとしきり遊んで、練習に入りました。

練習してる曲以外に、「ちょっと」弾ける曲っていうのがもっとあったらいいなあと思いました。
過去にやった曲なんて、今すぐにきれいに弾ける曲は限られてしまっています。
そういう曲をもう一度見直すのもいいなあ~。
でも、新しくやりたい曲もでてきましたしね~。

みなさまにとってもいい年になりますように!



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/01/02 23:03】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。