スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お菓子
発表会が2週間後となりました。
ドレスを着る予定なので、ふたたび、ダイエット週間です(笑)

・・って何のことはない、おやつを食べないだけ。
ここ最近、いい歳して毎日のようにおやつを食べていました
しかもスナック菓子・・
おやつは時々食べるだけだったのですが、1月2月の受験シーズンで、合格祈願菓子をスーパーで見かけ、「期間限定」パッケージ(中身は一緒やん!しかも食べたらパッケージは捨てるやん!)に惹かれ、ついつい・・が始まり。
スーパーに行くたびに「合格祈願菓子」(うちに受験生はいないのに)を買ってしまい・・

い・・いけない。これではスナック菓子がないと生きていけないスナック中毒者になる・・。
ということで、今はお菓子をやめてます(・・ってまだ3日)
見ると買ってしまいそうなのでスーパーにもできるだけ行かないように、ここ3日間スーパーに行ってません(笑)
でも、そろそろ食料が尽きてきました・・。


スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/03/31 20:27】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(8)
気がつけば
発表会まであと2週間ちょっととなりました。

昨日はレッスンに行ってきたのですが、前奏曲(ラフマニノフ)2曲あるうちのop.23-6の方は先生からも良く仕上がったと認めていただけました。
やったー(^^)

でも、実はまだ納得できてないので、和音の響きがイマイチだと思う、と先生に言うと、こういうことでした。
右手のオクターブでとる和音の一番上がメロディーラインを作ってるパターンの曲なのですが、その和音の内部にある音。
(例えば、ドミソドの和音とすると、ミソの部分ですね。)の表情のつけ方だそうです。
メロディーでないけど、単に小さく弾くのではなく、その中にも大事な音があるということ。
それが、全ての和音を同じように弾くのではなく、和音ごとに意味がちがってくるから、それぞれに対応した弾き方をするということ。
感覚に頼ってきれいな響きを探したり、感覚ではわからないところもあるので、前後の流れで考えること。
意味のない音なんて、ないのですね。
そして、細かい分析も大切ですが、音楽は「感じる」ものでもあるので、「美しい」と思う感覚も頼りにしようかなあと。
感覚と分析、両方大切ですね。

「いい和音の響きを探してきてください」って先生・・。
・・さすがにこれは高度な気がする・・。
たとえ理解したとしても、それを私の手が表現できるのかい??
あーーー☆技術不足を実感。
どの程度までできるのかなーー。。

でも、今のままだと、自分では満足できる演奏にはならなさそうなので、できるだけやりたいなとは思います。

で、op.23-5は。
かなり音が大きかったので、少々音量を下げるところを作ったり、こちらも響きですね。
重たい音にせず、何箇所か、フォルテでも軽い音を出すのが課題。
あと、中間部の暗譜がいい加減だったので、もう一度楽譜をよく見ること。

発表会で弾いて、また5月末のコンサートでも弾く予定なので、仕上げガイのある曲だなーと思います。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/29 23:56】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
練習にも休符を
今日はお彼岸のお参りに行っていたので、久しぶりに練習も、ピアノに触ることも全くない一日でした。
家に帰ってきたのは夕方だったので、練習しようと思えばできたのですが、なんとなく疲れていたので、いっそのこと、練習なしデーに。

最近、どれくらい時間がとれそうかで、どういう練習をするか考えるようになりました。
今まで気分でやってたけど・・。
たとえば1時間しか練習できなさそうな時は、レパートリーの通し弾きをしたり、遊び感覚で、練習というよりは弾くこと自体を楽しんでいます。
じっくり時間が取れる時は、とりかかっている曲の技術的な練習や、録音しての練習など。
録音しての練習は、録音→聴く、の2段階あるので、時間が倍かかってしまいます。なので、時々です。

今日は通し弾きを1時間くらいはできそうだったけど・・。
少しだけ弾いて練習した気分になるよりは、せずに、弾きたい気持をもとうかな~と。
よく、「1日弾かなければ3日戻ってしまう」とか聞きますが、はたしてそうなのかな・・?

私は例えば3日分戻ったと感じても、しばらく弾いていればすぐに元に戻るように思います。
それに時々、小休止をして、季節を感じたり、ピアノ以外のことに目を向けることもとても大切だと思います。

たいていの曲に出てくる「休符」。
あれは子供には、「お休みよ~」と教えますが、本当は静寂を楽しむものなんですよね。
音と音の間の一瞬の静けさ。
その静寂の後にまたメロディーが流れてくるから、いっそうそのメロディーがきれいなものに感じられる。
休符も音楽なんですね~・・って、休みの話のはずが結局は音楽にたどり着いてしまいました(笑)すいません☆

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/25 23:47】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(10)
脱力
歯をくいしばっていませんか?

脱力はいろんな人が課題にしていて、色々勉強されていることと思います。
技術的なことは先生がたが教えてくださると思いますが・・。
最近気がついたこと。
顔に力を入れない(笑)

オクターブ和音の連打など、特に手を広げて掴む和音の場合、脱力しつつも顔がしかめ面になっていたり、難しい箇所などは、無意識に顔に力が入っていたりします。

なので、意識しているのは、口をぽかーんと開けて弾く。
腕の脱力を意識しても、顔までは意識したことなかったですが、結構楽になります。
私の口は小さめなので、少々ぽかーと開けても、人からは「ちょっと唇が緩んでる」程度の見た目で済みます。(変な顔じゃないか鏡でチェック済み(笑)
ラフマニノフ前奏曲op.23-5は特にサビの部分が(サビっていうんかな?)フォルテでオクターブの和音の連続で、特に意識してます。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/23 23:02】 | 私の練習 | トラックバック(0) | コメント(12)
暗譜
先日までテンション低めでしたが、おかげさまで立ち直り、気持もリフレッシュ!
あたたかいコメント、見守ってくださってる方々、ありがとうございます(^^)
先生って、色々大変だなあとあらためて思いました。
私にとってもいい経験になったと思います。

さて、気持が明るくなったところで、そろそろ自分の発表会の暗譜をせねば・・。
よく考えたらこっちのほうが差し迫っています☆

暗譜、他の方もおっしゃっていましたが、アイマスクを使うとかもしたりします(笑)
逆に、楽譜を目に焼き付ける方法もしようと思ってじっくり楽譜と向き合っていますが。。ラフマニノフって・・和声がわかりにくい!!!
op.23-5は和音だらけでわかりやすくていいのですが、op.23-6は非和声音が多いので(それが独特の美しさにつながるんですね~)、しんど・・。

それから、寝る前にもう一度思い出して宙でピアノを弾く・・(これをするとすぐに寝れます(笑)・・って、暗譜になってないやん!

あとはどの鍵盤か、ですね。
白鍵は間違えにくいのですが、私は時々As だったかBだったか、ふっとなやむことがあります。
悩むのはきまってAsとB!
なので、「真ん中」とか、「右」とか・・

暗譜は一つの方法だけに頼らず、色んな方法で、覚えたほうが、何かがぷつっと切れても、何か別の要素に頼れるのでいいと思います。

先日のレッスンでは、本番の課題として、op.23-6は、ホールの響きを聞いて歌いまわしや、音符の弾く長さを決めてください、ということを言われました。
「こう弾けばオッケー」という風に決めきってしまわないで、その日その日の音の伸びを感じながら練習しろということなんでしょうね。
温度や湿度で音も変わることが、最近わかってきたので、(冬の朝は固い音がします、雨の日は音が重くてこもりがち、晴れた日はよく響く、という程度ですが・・)色々感じながら練習したいなと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/22 00:49】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
やっぱり・・
少し前に発表会で「蝶々」(ゲール)を弾くことにした、小2の生徒ちゃんですが・・。
残念ながら、今回はこの曲は見送ることになりました☆

本人も弾きたい憧れの曲で、お姉ちゃんへの対抗心もありました。
(お姉ちゃんはまだ弾いてない曲なんですね・・)
が、本格的に譜読みを始めてみて、まだ無理だ、と本人が思ったのかもしれません。
今日のレッスンで、部屋に入ってくるなり、「やっぱり発表会はメヌエットにする」と彼女が言いました。

実は、私も今回か、来週のレッスンで目処が立たなければ、今回は「蝶々」をあきらめさせたほうがいいかも・・と思い始めていたところでした。
少しほっとしました(このままだとスパルタレッスンになってしまいそうだったので・・)
と同時に、かわいそうなことをしたかなあと反省。

最初から無理だ、と断言しておいたほうが、生徒ちゃん自身が、あらためて自分の力のなさを感じなくてすんだかもしれないなあ・・と。
頭ごなしに決め付けるのがイヤで、これだけ本人が弾きたがっているのだから、もしかしてがんばったら弾けるかも、と思ったのですが、誤算でした☆
私には直接言わないけれど、彼女は内心、くやしい思いをしているかもしれません。

それと、ここまでの曲を弾こうと思ったら、やっぱり、何がなんでも弾いてやる!という「がむしゃらさ」が必要だったかもしれません。
二人とも、いい意味で田舎の子らしく、素直で割りとのんびりしているように思います。

よく思い出せば、先週の「蝶々」のレッスンの時、かなり気がのらない雰囲気が漂っていた妹ちゃん。
風邪をひいている、と言っていたので、風邪のせいかなと思っていたのですが、「蝶々あきらめモード」に入っていたのかもしれません。

とりあえず、「メヌエット ト長調」(バッハ)のレッスンを開始。
まだ少しですが、やっぱりこっちの曲の方が彼女には合ってるように思います。
割とポリフォニックな曲が好きな妹ちゃん。
彼女のいい部分が出せそうな曲だと思うし、いい仕上がりに出来そうだと思うので、そう彼女にも伝えました。





テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/19 20:14】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(10)
第九のCD
第九の練習用CDを買いました。
パートごとに発売されています。
中身は、解説、パート練習、発音練習(リズム読みで)・・と結構盛りだくさんです。
集まってする練習の時だけ、練習すればいいやん、と最初は思っていたので、ちょっと迷ったけど、せっかくオケと歌えるんだから、個人練習もできるときだけでいいからがんばってみようかな~と思います♪

ようやく、「歓喜の歌」の歌詞の意味を読み始めてみた私・・(遅い!?)
「神の前では人類は平等だ」ということに、ものすごく思いがあったんだなあと思いました。
現代の人のいう「平等」より、もっともっと、奥深い、神々しいもののような気がします。
時代が確かそんな時代でしたよね・・?フランス革命がどうの、とかいう・・(ちがっていたらつっこんでください(^^;)

さて、練習用CDは車に積んで、車の中で歌うことにしました。
CDは結構親切で、「今の部分をもう一度練習しましょう」と同じ箇所を2回か3回、繰り返して演奏してくれます。
そして、アルトを大きく、他のパートはかすかに聴こえる程度の音量で。

きちんと歌うと結構つかれます。
ドイツ語って子音がはっきりしているから、口の筋肉がしまる=顔もしまるかな(笑)?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2007/03/18 20:36】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(2)
プログラム
今日はレッスン(習うほう)にいってきました。
発表会が4月15日で、プログラムができあがっていました。
私は・・げげっ最後から3番目・・。(ラストはコーラスなのでピアノ2番目)
ってことは、他の人の演奏が聴けない~☆
あ、訂正、聴く気持の余裕がない~☆

(注:プログラム順は別に私がうまいわけではなく、(私の前にとっても上手な人が多数出演されます)曲の並びでこうなっているので、誤解なく・・(笑)

今年はショパンを弾く人がいつもより少なくて、2人。
他はラヴェルやドビュッシー、バッハやベートーベン、ブラームス、モンポウ、ファリャなどなど、結構色々です。

結果的にピアノラストの人と私と二人続いてラフマニノフの前奏曲を2曲ずつ弾くので(よくもかぶらなかったもんだ・・)ラフマニノフの世界になりそうで、なんだかそれも楽しみ。

こんなに長い間、人の演奏を聴きつつ出番を待つのはそんなになかったので、テンションの持って行きかたにちょっと工夫がいるかな・・と思います。
去年、近くの音楽教室の発表会で、ラストに友情出演(?)させていただいた時は、待つのが結構しんどかった覚えがあります。
うまいこと時間をつぶして、計画的に集中しなきゃ・・☆


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/15 23:34】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
弾きたい曲は
6月最初にある発表会で「人形の夢と目覚め」を弾くことにした生徒ちゃん。
これが驚くほど、がんばっています。

その子の今までの譜読みのスピードから、4月の終わり頃には全部が弾ければいいかな・・と思ってレッスンしてきましたが、先日のレッスンでは3ページ目まで譜読みができました。
あとは、きっとつまるのでは・・と思っていた4ページ目。
それも、最初からスケールの部分の右手だけは練習させていたので(本当は譜読みにもっと時間がかかると思ってたので)多分大丈夫だと思います。

それにしても、きっとこの曲が好きだったのね♪
よかった。
そして、やっぱり彼女の顔の輝きが違います。
この調子なら他に弾きたいといっていた「エリーゼのために」もがんばってくれるかな?

いまさら、発表会の曲を変更する気はないですが(生徒も戸惑うだけだし)、発表会が終わったら、「エリーゼのために」も弾いてみない?と声をかけてみようかな、と思います。
いつもやっている曲より、難しい曲だけど、弾きたいと思っていた曲なら、すごくがんばってくれる子なんだな、と思いました。

こうなると、私も「単に弾く」だけではない演奏を、と、ついつい色々要求してしまいます☆
加減がむずかしいですね。。
でも、きっとステキな舞台になる予感がします♪

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/14 23:59】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
ペダル
基本的にペダルはきれいに踏み代え、前の音が残らないよう(和音が変わって音がにごらないために)にするものではありますが。
それは「基本」なのですね。
基本、ということは、「応用」というものが存在します。
今まで、結構私はまさしく、その「踏み代え」という位置づけのペダルばかり使っていました。

でも、それでは物足りなさが出てきます。
特に今練習中の「前奏曲op.23-6」(ラフマニノフ)
低音を鳴らしたあと、しばらくそれを響かせておきたいとき。
ごにょごにょっとしたフレーズで、はっきりペダルを踏みかえると、違和感のある時。
ペダルをうまく使えば、割といい効果がでるように思います。

ペダルを踏むと、弦を押さえているの(何ていうんですかね・・あれ)が弦から離れますが、その弦と弦を押さえているのが触れるか触れないかの微妙な位置で踏み代えができれば、前の音を残したまま、ペダリングができます。
ピアノによってその位置が違うので、その位置を上手につかめればいいのですが。。
アップライトはとにかく、弾いてる時には弦が見えないので、足の感覚を研ぎ澄ませます(笑)
これが結構ムズカシイ~☆

こまかく(それこそ一音ごとに)ペダルを踏み代えたい場所もあるのですが、それをはっきり踏みかえると、なんだか味気ない☆
で、こういう微妙な踏み代えで出来ればいいなあ~と思います。
足が筋肉痛になりそう(笑)
でもマスターすれば、もっといい演奏ができると思います。
結構この曲は時間的にも余裕がありそうなので、こだわっていきたいと思います。


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/12 22:45】 | 私の練習 | トラックバック(0) | コメント(6)
レッスンで
先日のコンサートの前にレッスンにも行ってきました。
「華麗なるワルツ2番(ショパン)」をとりあえずやり直さないといけないので、まずそれを先生に見ていただくことに。
1週間でなんとか、先生の前で弾く状態にはできましたが・・。

結論。「楽譜をよく読みましょう」

一度弾いた曲、しかもかなり弾きこんだ曲だけに、頭や体が覚えてるんでしょうね。
ちょっと弾けばずるずると思い出すだけに、しっかり楽譜を見なくてもなんとなく弾けてしまう。
いいことでもあるかもしれませんが、それはとても危険です。

勝手に和音を展開させていたり、バスをオクターブでとったり、音を足したり。音の間違いも一箇所クセになりかけてるところがありました☆
ヤバ・・。
あと、リズムを変えていたり。。
かなりいいかげんなワルツ、弾いてる本人のみ楽しい(笑)
先生はとりあえず、とめずに最後まで聴いてくださっていましたが・・。スミマセン☆

よく知っている曲こそ、しっかり丁寧に練習していかないと、間違いに気づかないまま、ということにもなってしまいそうです。
早めにレッスンに持っていってよかった。。
この曲は、当分ソルフェージュをしっかり、あとメトロノームも使って、基礎練習です。

ラフマニノフの2曲は大分わかってきたので、そろそろ暗譜にかかってもよさそうです。
あ、そうそう、レッスンに行ったのと、それに加えてチャイコフスキーのピアコン1番聴いた&見たお陰かな、op23-5の和音の部分がすごく弾きやすくなった気がします。

op.23-5(g moll)は結構覚えかけているけれど、op.23-6(Es Dur)は
かなりくねくねしてるだけに、しっかり覚えておかないと。。

やる気も出てきたので、インベンション11番もちょっと譜読みを始めてみました♪
「せつないバロック」って感じで、11番もいいですね(^^)
最近気がついたけど、インベンション、私は長調と短調を交互にやりたくなるようです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/09 22:17】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
コンサートに行ってきました
昨日はレッスンと、コンサートに行ってきました。

エフゲニー・オネーゲンよりポロネーズ
ピアノ協奏曲 第一番 チャイコフスキー
新世界より ドヴォルザーク

ソリストは小山実稚恵さんでした♪
チャイコフスキーのピアノコンチェルトがやっぱり一番よかったです~
正直、これがあるからこのコンサートに行ったようなもので・・。

演奏家のことを語るにはあまりに私はものを知らなさすぎですが、それでも、小山実稚恵さんは大好きな演奏家の一人です。
なんとなく、「ピアニスト」ってこういう方のことを言うのだな・・と思います。
どぎつい個性主張とか、奇抜な、という演奏ではなくて、なんていうかなあ。。確かな技術で作曲家の意志をこの世によみがえらせている、そんな感じがするのです。
曲そのものを愛している、そんな感じかなあ。
そしてすごい集中力、曲の世界に聴衆を引き込む。

チャイコが始まって、ピアノが出てきた時、なんだかすごく感動して、涙がでました。
出だしのホルンがイマイチだったのにも関わらず・・(笑)
こんなに聴きなれたはずの曲なのに。
ピアノの音のきらめき。

あの場所に立てるのは、本当に一握りの人なんだなあと思います。
ピアノをやっているとわかりますが、今日明日に結果を出せるものじゃない。
ものすごい努力をしてそれでもうまくいかない時だってあります。
自分に厳しく・・もなかなかできない。
とことん追求するということをやめなかった人だけが立てる場所のような気がします。

席が左の方の前から11列目だったので、手元なども良く見えました♪
ラッキー。
どうしても、コンサートに行くと、色々勉強になりそうなネタを探してしまいませんか?
例えば、「今は何の楽器がどのラインを弾いているか当てゲーム」「ベースの音を聞分ける」「何声になっているか当て」(といっても、自分の中でやるだけですよね☆答え合わせもないし・・(笑)
今回は特に小山実稚恵さんのピアノがあったので、手の研究に費やした時間もありました。
そういうことをしていると疲れるので、途中からぼんやり聴くことも多いですが・・。
ピアノコンチェルトは全楽章、かなり集中して聴いていました。
「新世界から」はその疲れが出たのか(笑)「何の楽器がどのラインを弾いているか当てゲーム」をしばらくして、途中からはぼんやりしていました。
私としては、2曲ともピアノコンチェルトが良かったなあ・・。
ロシアつながりでラフマニノフとか。(ピアニストは大変だけど(^^;)
また聴きたい!もっと聴きたい!と思いました。




テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2007/03/07 22:33】 | 演奏会 | トラックバック(1) | コメント(10)
発表会の選曲・・「蝶々」
なかなか発表会の曲を決めかねていた妹ちゃん。
今日は決めてしまうつもりでレッスンに行きました。
彼女のレベルにしては高い「蝶々」(ゲール)と、レベル相当の「メヌエット ト長調」(バッハ)を宿題に出していました。
様子を伺いながらレッスンをしていましたが、やっぱり「蝶々」を弾きたい様子。
(ちなみに、「蝶々」は小5のお姉ちゃんの本に載っている曲で、レベル高めです)

この2週間、私も色々考えてました。
「メヌエット」は、普段のレッスンと何にもかわらない調子で余裕で仕上げることができると思います。
「蝶々」はむずかしいとはいえ、テクニック的には問題がなさそう。
でも、中途半端な仕上がりになってしまわないか・・長いので暗譜できるか・・という不安要素もあります。
かなり悩んでいました。
「すみれ」や「金の星」のような、「ちょっとがんばれば弾ける」丁度いい曲には彼女は興味を示していない・・☆
(おそらく、♪ずんちゃっちゃ・・という、いかにも子供の発表会です的雰囲気が、今の彼女の気分ではないのでしょう・・)

今日、彼女がどのくらいこの曲にくらいついてくるかで決めようと思いながら出かけました。

2曲、途中までとはいえ、彼女なりにやっていたようです。
正直、普段の彼女を見ていて、譜読みを2曲いっぺんに出すというのはかわいそうな気もしていましたが、やる気具合を見たかったので、「できるところまででいいから」という条件で出していました。
主に「蝶々」中心のレッスンになりましたが、集中して、ついてきてくれました。

彼女の気持が十分すぎるほどわかりました。
それに思いました。
「ピアノの先生」って、子供に夢を持たせるのも仕事かなあって。。
それに、私は生徒に「完璧に曲を弾く」のではなく、「楽しんで弾いてほしい、ピアノってステキ!と思ってほしい」と思っていたのじゃなかったっけ・・?
年に一回の発表会、子供にとっては特別なもののようです。
その舞台に向けて、気持を高めていってほしい。
「私はあの舞台で、グランドピアノで、この曲を弾くのよ!」という、自分の自信にもつながってほしい。

なので、「蝶々」に決定!
前回のレッスンで、私が「かなりがんばらないとダメだよ」という意味あいのことを言っていたので、嬉しいような、不安なような、微妙な彼女の様子。
私も気持を切り替えて、この曲に全力投球していきたいと思っているので、正直に私の考えを言いました。

私が不安に思っていたのは、ペダルに足が届くかということと、長い曲なので、覚えられるかどうかということ。
(他にも不安要素はありますが、解消できると思うし、無駄に不安にさせたくないので、言いませんでした)
でも、ペダルも足が届きそうだし、この曲もあなたが知っている曲なので、覚えやすいと思うから大丈夫、ということ。
そして、がんばったら弾けるから大丈夫、ということ。

宿題を書く時には、「指使いに注意して」など、細かい私の注意も書きとめてくれていました。
やる気を出してくれたかな・・?

この曲に決めたからには、きっちり弾けるように仕上げてあげたいと思います。




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/05 23:33】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(14)
なじんだクラシック
なかなか、普通に生活していると、クラシック音楽に出会う機会って少ないのかもしれません。
クラシック、聴きたいけど、何を聴いていいのかわからない・・って人もいらっしゃるかと思います。

でもね!「クラシック、全然知らないよ」って思っていても、実は、知らないうちに聞いているのです。

先日、夕食の時に、「真夏の夜の夢」(メンデルスゾーン)のCDをかけていたのですが、ダンナっちが「えっ、結婚行進曲?」といいました。
♪パパパパーン・・ってやつですね。
結婚式でよく使われるあの「結婚行進曲」がメンデルスゾーン作曲で、実はクラシック曲なのよ、というのを知らなかったようです。

そのギャップが結構面白かったので、「実はクラシックだった」的な音楽を探してみました。

結婚式の新婦入場によく使われる曲。。「主よ人の望みの喜びよ」(バッハ)♪ソラシシレドドミレレソ♯ファ・・

マリオブラザーズ(懐かしい。。ファミコン時代の。。)のゲームに使われた一部は「アイネクライネ・ナハトムジーク」(モーツアルト)
♪ドーソ ドーソ ドソドミソー・・

クックドゥー(中華)のコマーシャル: 「威風堂々」(エルガー)
♪ドーーシドレーラーソー 

運動会の徒競走: 「クシコス・ポスト」(ネッケ)
♪ミ ミ♯ファソ シ ド ミ シー・・

競争する時になぜか子供が口ずさむ音楽/運動会でも使われる音楽/フレンチカンカンで使われる曲(笑)
「天国と地獄」(オッフェンバック)

平原綾香 jupiter: 組曲「惑星」(ホルスト)

一昔前はカレーのコマーシャルで、中村紘子さんがショパンのピアノ曲を演奏されていましたよね。
年末の、カップめんの天ぷらそばのコマーシャルでも「交響曲第九番」(ベートーベン)の「歓喜の歌」が替え歌で使われています。
あ、車かなにかの(ごめんなさい、プラズマテレビかと思っていたのですが、確かあれは車のCMだったかなぁ・・??)黒木瞳さんが出てるコマーシャルは、確か、「エリーゼのために」(ベートーベン)を歌にアレンジしたものですよね。

これは今ふと思いついたのを書いてみただけで、ごくごく一部です。

結構クラシック音楽は身近なものだと思います。
なかなか、「これがオススメ!」っていう曲を絞ることはできないし、人によって好みも違うので限定はできませんが、「クラシックを聞いてみたいなあ~」と思ったら、知ってる曲をまずは聴いてみるか(知ってる部分はごく一部分だったりするので)、いろんな作曲家の曲の入ってるCDを聴いてみるとか、なじみやすいのを聴くのもオススメかなと思います。
モーツアルトなんかは、題名を知らなくても「あ、なんだ、これ知ってるよ~」って曲が多いと思います。

たいていの図書館なんかでも(うちは田舎なのでないですが)CD貸し出しもあるので、とりあえず借りてみて、聴いてみるのもいいですよ♪

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/03/04 20:48】 | 色んな作曲家 | トラックバック(1) | コメント(4)
新しい生徒ちゃん
今日は新しい生徒ちゃんの初レッスン(前回、体験レッスンさせていただいた生徒さんです)でした。
お母さんとバイエルの上巻を途中までやっていた、とお聞きしていただけあって、今日は真ん中のド~ソをやったのですが、音符がもうすでに読めます。
スバラシイ!
小学校でも、音楽の授業もあるので、ある程度は大丈夫そう。
「ぶんぶんぶん」を宿題にだしておきました。

迎えにこられたお母さんと少しお話したのですが、今ピアノにとても興味がわいていて、おうちで毎日(同じ曲ばっかりだけど)弾いているということでした。
すばらしいですね。毎日弾くという習慣がいやいやではなく、身に付いているというのは、一番大切なことだと思います。
(毎日弾いていなかった私・・(反省)
こういう生徒を持たせてもらえて私ってなんてシアワセなんでしょう!

こういう生徒さんを見ていて、最近気づいたのですが、小学生の時の、私のピアノに掛ける気持というのは、それほど大きくなかったように思います。

先生が怖いから練習する・・というパターン。
練習しなかったらお母さんに怒られる・・というパターン。
どっちをとってもあまりいい動機ではないですね。
きれいな曲をすることになったときは、結構気に入って練習していた記憶もあります。

話が脱線しましたが。
この生徒ちゃんの興味をもっと深いものにできたらなあと思います。
来週は早速ヘ音記号に行こうと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/03/03 22:19】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
ヴァイオリン協奏曲
ヴァイオリン協奏曲
♪ニ長調 作品35 チャイコフスキー
♪ホ短調 作品64 メンデルスゾーン
by ウィーンフィル アバド指揮

珍しく、ピアノ以外の協奏曲のCDを買ってみました。
両方とも有名な曲で、テレビなんかで放送されているコンサートなんかは聴いていましたが、CDを買ったのは初めてです。
。。というより、CDを買ってみたら、両方とも聞いたことのある曲だったんです(笑)
特にチャイコフスキーの第3楽章は、小学校の時に習っていたバレエの発表会で、全員が舞台に出てくるフィナーレで使われたことがあって、CDを聞いて「これやったんか~~」といまさらながら思ったりして。

チャイコフスキーもメンデルスゾーンもヴァイオリン協奏曲は一曲しか書いてないそうです。
どちらもいい曲ですね。

特に、「この時はこれでなくっちゃ」というこだわりはないのですが、何となく、「この曲を聞く時」というのが決まっている曲もあります。
朝ご飯の時は、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」がお気に入りです。
夜はなんとなく、気分で聞く曲を決めますが、ご飯を食べる時にブラームスの1番はきつかったです(笑)第一楽章の出だしに、のどを詰めそうでした(笑)いい曲で、好きな曲ではありますが。
寝る前にリラックスしたい時、いっとき、モンポウにはまりました。

世の中にはすばらしい音楽がたくさんあふれてるんだなあ~。。
これから、どのくらいたくさんの音楽と出会えるかしら。。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/03/03 00:13】 | 色んな作曲家 | トラックバック(0) | コメント(6)
コピーした楽譜
基本的に楽譜のまま練習している私ですが、コピーした楽譜を使うこともよくあります。
レッスンに通う時にカバンを軽くするためにコピーしたり、(1~2冊だったらどってことないのですが3冊超えると、他にも荷物はあるのできつくなってきます☆)先生の楽譜をコピーさせてもらったものを使う時、などなど。。

で、そのコピーした楽譜はサージカルテープでジャバラのようにつなげます。
コピーとコピーの間を1ミリ位あけて並べ、サージカルテープを山側に貼れば、閉じた時に、ねとねとした部分にホコリなどが付かずにすみます。
本番か何かで視奏する可能性のある楽譜の場合は、セロテープやファイルだと、その部分が光ったりして気になる可能性があるので、この方法、結構オススメですよ(^^)

あ、念のため。。サージカルテープは薬局とかで売ってる、包帯やガーゼをとめるためのテープです。
サージカルテープは紙か何かで出来ているので、書き込みなどがテープの上に来てしまっても大丈夫です。

今日は先日コピーした楽譜のテープ貼り。。ついでに、前にコピーしてあった楽譜にもテープ貼り。。
色々やりたい曲があるけど、しばらくは焦点を見据えて練習しなきゃ、ですね☆
ホントはインベンション11番にもとりかかりたかったし、プレリュード(ドビュッシー)も譜読みしたかったし、ずっと前からうじうじしていた悲愴ソナタもやりたかったけど~~☆
どれもこれもこなせるほどの力はないので、ある程度今やってる曲がものになってからのお楽しみってことで置いておきます。
インベンションはしばらくしたらやるつもりです。。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/03/01 22:23】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。