スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
決めたこと
初めて、ピアノの先生対象の勉強会に行ってきました。
新米ですから、結構、ドキドキ☆
ベテランって感じの方もいらっしゃるし、私一人、浮いてるような不安な気持になっていたところへ、知ってる先生を見つけたので、近くに座りました。

講習は内容も良かったし、某大学教授の先生の話も面白くて、私はかなりウケて、大声で笑っていました(笑)
みんなまじめだよーー!もっと笑えばいいのに。
・・いや・・お笑い見に来てるわけじゃないか☆

こういうときにどうしても考えてしまうことが、「みんな音大卒なのかな・・」ということ。
やっぱり、私の心のどこかで、まだひっかかっていることです。

でも、最近、決めました。
ピアノのことで、知らないことやできないことがあったとしても、それを「音大卒でない」ことを理由にしないこと。
自分の勉強が足りない、それだけのことです。
学歴に関係なく、私を「ピアノの先生」と生徒達が信頼し、他の先生がたも認めてくださっているんだったら、私も学歴を何かの理由に使ってはいけないんです。
それにやっぱり、学歴にかかわらず、一番大切なのは本人のやる気だし、精進を続けて、常に向上心を持っていたいな、と思います。






スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/31 23:31】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
講師演奏
6月半ばの生徒達の発表会で講師演奏することになりました。
教室には数名の先生がたがいらっしゃるので、そのうちの誰かが演奏することになるのですが、先日コンサートで準備した曲もあることだし、ということで、依頼されてしまいました。
確かに今から新しい曲を用意はできないし、弾きなれてるし・・幻想即興曲でいこっと。

つかの間の休息1日ということで、先日の月曜日は久々に買い物!
よおーーーーやく、よおーーーーやく、ピアノを弾かない一日!!
無駄にぶらぶらできるなんて、なんて久しぶりなんだろう!!
こうしてデパートをぶらついてる間に時間が過ぎていくことを気にすることもなく・・ああ・・幸せ。

きっと、コンサート前は、精神的なプレッシャーなんかがあってこういう気持になったんですね・・。
あと、発表会が4月にあって、5月にまた演奏して、で演奏が続いたから余計にしんどかったのかも。
プロの人は、それがもっともっと頻繁にずーーっと続くわけだから、すごいなあって改めて思います。

週末に出かけたりしても、出かける前後に少し練習したり、出かけていても、練習のことが頭から離れなかったですから・・。
でも、やっぱり、休息日の後はすごく弾きたくなって、今日は思いっきり弾きました。

で、買い物は・・黒のロングドレスをゲットうはは~♪
・・というのも、講師演奏なので、自分が主役ではなくあくまでも脇役なので、控えめな衣装が欲しかったのです。
主役は生徒たちだしね・・。
でも、スーツとかで演奏するのもなんだし、「ステージのマナー」というのを見せるためのいい機会でもあります・・って、自分で書いてて、私、ステージマナーはちゃんとできてるのか急にわからなくなってきた・・

年末に第九があるので、いずれは黒のスカートを買うことになるだろうし、本当は最初は、コーラスにも使えるってことで、黒のロングスカートにして、上を少しドレッシーな感じのものを着るつもりだったのです。
が、色々見てると、スカートだけでも結構いい値段・・。
それなら、シンプルな黒のドレスにしておいて、コーラスの時は上からブラウス着ればいいじゃないってことで
ドレスの方がすっきりするし・・。

やっぱり、ドレスはいい!!
小さい頃、フリフリドレスでつられて発表会に機嫌よく出ていたタイプですから。(練習しないくせに・・)
た・の・し・み!
まだしばらく気が抜けないけど、ちょっとリフレッシュも出来たし、またがんばろうと思います♪


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/30 21:55】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
コンサート、終了!
昨日の日曜日、コンサートを無事終えることができました。
温かく見守ってくださった皆様のおかげです。
ありがとうございました

プログラム(30分)

プレリュード op.23-6,op.23-5 ラフマニノフ
幻想即興曲 ショパン
ノクターンop.27-2 ショパン
華麗なるワルツ第2番 ショパン

先週、体調崩して、内心すごく焦りました
気合で夜早く寝て、朝もゆっくり寝て、なんとかいつもよりは少ないけど自分の練習時間&生徒のレッスンを確保。
やっぱり睡眠って、回復にとても大事なことですね~!

さて、コンサートの方は、今までで一番いい出来でした♪
集中して弾けたのと、曲の合間のMCも結構リラックスして話せたので、自分にとっても楽しいコンサートでした。
最初の曲がラフマニノフ2曲でお客さんの反応が気になっていたのですが(知ってる人はほとんどいないような曲だし・・)、意外と大丈夫でした。
弾く前に少しトークでラフマニノフについて話しておいたのがよかったみたいです。

ラフマニノフが成功したので、3曲目からのショパンは、私もリラックスして弾けました。
幻想即興曲やノクターンは自分のやりたいようにできたし、それでも普段の80%程度の出来だったけど、(もっと歌いたい部分もあったし、表現を変えたい部分もあった・・)でも満足です。

こういう、広場的な空間でのコンサートって今までなくて、
(発表会はもちろんホールだし、去年出たコンサートも小さいホールを用意してくれるタイプのものだったので・・)
明るいのと、客席とも高さが同じだし、どうなるかと思っていましたが、お客さんの表情が見えてよかったです♪
スタッフやお客さんも温かい雰囲気で、そういう人たちに包まれているからこそできた演奏だったと思います。
ほんと、感謝感謝、です!

私としては、演奏後はどっと疲れて、やっぱり頭痛がしたけど(演奏の後はたいていこうなる・・)一つのことをやり遂げた達成感があります♪
嬉しかったのは、楽屋へ帰る途中、小さい女の子が手を振ってくれたことかな。
いえ、そうじゃなく、私が手を振り返すと、嬉しそうにしてくれたことかな。

そして、お客さんからは心からの拍手をもらったこと。
演奏が終わったら拍手をすることが観客の義務のようになっていますが、そうではありません。
見ず知らずの方が聴きにきてくださって、拍手までしてくださる。
これはとても大きなことです。
通りかかって、足を止めて聴いてくださる、これもありがたいことです。
いつも、感謝の気持を忘れずに演奏したいと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/28 22:12】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
脱力
昼間は夏のように暑いですね~☆
夜はでもまだ寒いです☆
みなさんは体調くずしてませんか?
私はもれなく、体調を崩しました☆あ~あ・・。
「季節の変わり目に体調を崩す人選手権」をやったら上位入賞できそうです・・(^^;

昨日はレッスンでした。
中学生2人は、新しい曲になって譜読み段階だったので、音の間違いを指摘したり、曲の構成、手の使いかたなどを中心にしました。

中学生の女の子。
手にものすごく力が入ってる。
小学生の時にバイエルが終わって、1年くらいのブランクがあって、つい最近ピアノを再開した状態です。

脱力を人に教えるって、ほんと、むずかしいですね。
色々言葉や、自分の手を見せたり、生徒さんの手を触ったりと、方法を考えてはいるのですが、なかなか、実現できません☆
なんでこんなに力が入るんだろう・・?
例えば、ドレミファソファミレドと弾くだけなのに、渾身の力が入っているように見えるのです。

多分、一週間や一ヶ月で身につけられるようなことではないと思うので、方法を変えつつ、毎回、いやにならない程度に言っていこうと思います。



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/25 21:19】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(9)
5月から
5月からまた生徒さんが増えました。
中2の男の子と女の子。
結婚で辞めて、遠くへいかれた先生の引継ぎです。
中学生って忙しいですね~・・。

まず男の子。部活は毎日、土曜もある時があるそうです。
ひえ~・・。ピアノの練習どころじゃないやん・・。
でも前のレッスン時よりはうまく弾けるようになっていました。
きっと、彼なりに練習してくれたんでしょう。
曲も、曲らしくなってきていて、いい感じ♪

で、本当はもう少しつっこんでその曲をやりたかったのですが、去年の10月から同じ曲を弾いているとのこと・・。
ひえ~・・・なぜ?飽きなかったか?・・など色々聞きたかったですが、1ページの曲にここまで期間を費やしてこの仕上がり具合、「この曲、好き?」と聞くと、「うん」とは言ってたけど、もしかして、曲を掴みにくかったのか、合ってなかったのかも・・とか思うと、あんまり聞くとかわいそうな気もしたので、さっさとこの曲は合格にして、違う曲を弾かせることにしました。
「この曲よくがんばったんだね~」というと、本人はやっぱりかなりがんばったようで、「はい」と言ってたので、この辺でいいでしょう・・。

もちろん、1曲をしっかり仕上げることも大切です。
でも、何かの理由で、先生に習わなくなる(習えなくなる)時があるでしょう。
だから、一人でも曲を弾こう、と思ってほしいし、まず譜読みの力をつけて欲しいのと、色んな曲に出あってほしい。

それに、これだけ部活に時間がかかってるのだから、ピアノまでしっかりやるだけの時間的精神的余裕がないのかもしれません。
そういう状況を考えると、私はねちこくレッスンする気持にもなれず、この子の「息抜き」の存在としてピアノがあってほしいなあと思いました。

私は甘いのかなあ・・?

新しい生徒さんのレッスンはまだ始まったばかりなので、少しずついい関係を持てれば、と思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/21 21:45】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
先生のコンサート後日談
先日、レッスンに行った時に、先生のコンサートのことでちょっと話をしました。
実は、コンサートで使われたホールのピアノは、オーバーホールしたてでほとんど誰も弾いてないような状態だったそうです☆
(オーバーホールとは・・私もはっきりした定義は知りませんが、ハンマーなんかを付け替える?新しくすること・・でしょう・・)
そりゃ響かないわ・・。

一番最初、ウナコルダしてるのかと思うような音だった~と、正直に私がいうと、先生も「そうなのヨ☆」とちょっと不満そう。
だけど、バランスの取り直し、聞きなおしをして、そういう状態でいかに演奏するか、を調節されていたようで、そういうことを聞くと、やっぱり尊敬してしまいます(^^)

一緒に行った母親は、「途中から耳がなれてきたのか、ピアノの響かないのが気にならなくなった」といっていましたが、演奏途中の先生の努力の効果なんでしょうね。
私も、最後らへんのマズルカ、スケルツォはやっぱりいいなあって思いましたから・・。

むか~し、「ピアニストや、ピアノを弾く人は、演奏の不出来を絶対ピアノのせいにしてはいけない」とおっしゃっていたことを思い出しました。
ピアノを弾くことを始めた時点で、常に自分のピアノを持ち運べないことはわかっていたはず。
だから、そこにあるピアノとすぐに仲良くならないといけないんです。
「こう演奏すればいい」というのではなく、そこにあるピアノで弾く時にどう演奏するのか、考えないといけない、と・・。
そういうことも、自分の演奏能力の一つなのであって、ピアノが悪いのではない、ということ。
そうは言っても、やっぱり触ったことのないピアノでの演奏はつらいですよね・・☆




テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/17 22:23】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
先生のコンサート
昨日は先生のコンサートに行ってきました。
コンサートと言っても小さなホールで、ピアノも大きくないグランドで、アットホームな感じでした。

プログラムはオールショパン♪
贅沢いうと、ホールがもっと響くつくりだったらよかったのに・・って思いました☆
特に革命のエチュード。
先生の迫力ある演奏にピアノが答えきれていない感じがありました☆
でも、ああいう曲を軽々弾けるってすごいです。

逆に、ノクターンなどのしんみりした曲がよく合っていました。
ほんっとに良くて、お客さんが引き込まれていっているのがよくわかりました。
マズルカは先生がのってる感じがして、味が出てました。
スペインものなんかも結構されていたと思うので、そういう土のにおいのする系統も上手だなあって思いました。

そしてスケルツォ2番が特に良かったです。
集中力がすごく発揮されていて、最後の曲だったのでピアノも響いてきていて、先生の音が出てるなーって感じがしました。

ただ単に弾くだけでなく、色々、曲の勉強もよくされていて、やっぱりこの先生に習っててよかったーと思いました。
やっぱりピアノは、磨き続けなければならないのですが、先生のようになってもまだまだ勉強する姿勢を辞めないで努力されているし、すごいなーって思いました。
これからも先生についていきます♪


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/15 00:15】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(14)
新しい生徒さん
5月から生徒さんが増えました。
ゴールデンウィーク明けからレッスンが始まりました。

高1の子。
なんとなく緊張した感じで来ました。
私もやや緊張はしましたが、前に打ち合わせで会っているので、ある程度余裕をもって迎えられたのでよかったーと思いました。

無邪気なのは、小学生の低学年くらいまでなのかな~・・
あと、やっぱり初めてのレッスンということで、演奏そのものも、ぎこちなかったです。
それはしかたないし、慣れてくれたら普通に弾けるようになるでしょう。

しばらくレッスンには通っていなかったそうで、指の形の基礎からやりたいなあ・・とは思ったのだけど、多分基礎練習はあまり好きな感じじゃないので、曲の中でうまいことやっていくしかないです☆

それにしても、やっぱり自己流だと知らず知らずのうちに悪い癖がついてしまったりするもんだと、彼女を見て思いました。
ちょっとずつ直していければ・・と思います。



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/10 21:33】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(10)
華麗なるワルツ 第2番
華麗なるワルツ 第2番 ショパン

20歳でワルシャワを出発したショパン。
ウィーンを経てパリへたどり着き、生計について色々悩んだりもしたようですが、サロンを中心に活動するようになりました。
リストやメンデルスゾーンなどとも交友関係をもち、充実していたんだろうなあと思います。

25歳の時、両親と久しぶりに再会し、共に3週間過ごしたようです。
ちょうど、その頃の作品です。
この頃の夏に、マリア・ヴォジンスカというポーランドの貴族のお嬢さんとも出あって恋心を抱いているんですね~。

両親とも久しぶりに会えて、イキイキしたショパンを思わせる、そんなワルツだと思います。
若々しさ、パリの社交界のおしゃれな雰囲気も感じさせてくれます。


今、5月末に向けてこの曲を練習していますが、先日、母親に「あんたそれで弾くの?」と酷評を受けました☆
実際、録音をしてみると・・重たい・・。
わ、ワルツなのに・・。軽さがない☆
確かに自分も「単に弾いている」だけで、特に内容など、理解しようとしてなかったわ・・。
「昔弾いたし・・」とちょっと軽い気持があったのも否定できません。反省。
どんな曲も、作曲家が自分の子を世に送り出すくらいの気持で書いているのです。
真剣にならなきゃ。
もう一度、楽譜を読み直して、向き合おうと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/07 21:08】 | ショパン | トラックバック(0) | コメント(15)
いちごアップ
20070505182911
ヨーグレットやハイレモンという懐かしいお菓子の仲間を見つけました!「イチゴアップ」新しく出たのかな?

【2007/05/05 18:29】 | 日常のこと | トラックバック(0) | コメント(10)
実家では
ゴールデンウィークは家に家族がいる時間が長かったり、遊びに出かけたり、練習のペースがいつもと変わってしまいます。
昨日は実家に行ったので、全く練習できず、今日もお昼でかけたりと、練習時間が減りました。

できないならできないで、何か意義のあることを・・
ってことで、実家では「コンサート」(客は親&ダンナッチのみ(笑)を開催!
弾きなれた実家のピアノとはいえ、いつものピアノと空間ではないので、それにどれだけ自分が対応できるかの練習。
あくまでも「コンサート」ですから、「あ、間違えた、もう一回」という甘え無しで、リハーサルや音鳴らしもあえてせずに緊張感をもって弾きました。

やっぱり緊張しました~・・。緊張というより、集中しきれない☆
人がいる状況で完全に集中するというのはとても難しいです☆
でも集中しないと、いい演奏ができません。

3人の感想は、1,2曲目のラフマニノフが弾きこみ足りない、3、4曲目の「幻想即興曲」と「ノクターン8」に比べると、5曲目の「ワルツ2」がまだまだ。
(はい、みんなピアノは素人ですが、言うことはいいます。)

感想を聞いて思ったのは、結局、練習時間の長さが、出来栄えに直結してるように思います。
「幻想即興曲」「ノクターン8」なんて、去年の秋のコンサートからずーっと弾いてる気がします・・☆
仕上げたのは、それよりも前だから、練習したり寝かせたりしながら、大分長い間付き合ってる曲ということになります。

あと、不思議なのは、3,4曲目のショパンは結構自分では80%くらいの演奏だな、途中ちょっと違うこと考えたり集中がきれたな、と思ったのに感想はよく、逆に自分では100%がんばった!と思った2曲目に関してはいまいちな感想。
今年に入ってから取り掛かった曲なので、まだ理解しきってないと思います。
「ワルツ2」も、こないだ暗譜ができた、という程度だし、曲の背景なんて全然調べてない。
正直、「とりあえず弾いてる」って感じです。

モロにこの3人にばれてる時点でまだまだってことですね・・
がんばらなきゃ☆

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/04 23:24】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
悩む・・☆
5月の最終日曜にあるコンサートのプログラムの提出が今週末です。
30分のプログラムなのですが、今回はショパンとラフマニノフという2人の作曲家のものを使いたいと思っていたため、曲順を決めるのがむずかしいです☆

最初は、幻想即興曲→少し話す→ラフマニノフ 前奏曲op.23-6,5→少し話す→ショパン ノクターン8、ワルツ2、という風にしようと思っていたのです。
最初に幻想即興曲を弾くのは、有名な曲であることと、自分にとっては楽になれる曲だからです。

・・が。

前半ラフマニノフ、後半ショパンで固めた方が、まとまりがいいなあと思い始めたのです。
曲のスケール、宇宙観のようなものもがらっと違うので、最初のサンドイッチ形式だと、どちらかが浮いてしまうような気が・・。
先生もそうおっしゃっていたのですが、間に話を挟むという方法で、強引に最初の曲順にしたのです(笑)

前半後半形式にするんだったら、あまり一般には馴染みのない曲なので、最初に少しラフマニノフのことなど、話をしたいと思っています。
で、ショパンの前にも少し話しをって感じかなあ・・。

うん、なんかその方がいいような気がしてきた。
ノクターン8は、知らない人が多い確率大だし、その前に「幻想即興曲」で「あ、これ知ってる」と思ってもらうのがいいかも。
ところで、ワルツ2は一般的にそんなに有名じゃないのかしら?
有名、というか認識度というか・・。
一応、知ってる人も多いだろうし、知らなくてもノリよく聴ける曲かなあと思って選らびました。

あと、前奏曲op.23-5。父親いわく「何が始まるんかと思った」だんなっち「すげ・・・音でかっ」母親「へええ~すごい曲(ちょっと引き気味)」
なんかポジティブな感想がない気がしませんか!?
私の大好きな曲なので、弾く前にきっちり説明をしたいんだけど・・。
「行進は行進でも、絶滅した軍隊の亡霊の行進をイメージ・・」なんて説明、昼間っからされたら引きませんか?(笑)アリですか?(笑)
まあ・・それは言わないことにして。
なるべく、いい印象の説明をしたいです。



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2007/05/02 00:04】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。