スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ポロネーズ
ずいぶん寒くなりましたね~。。
ほわほわのパーカーを見つけたので、早速買ってみるとあったか~い♪
軽いし、フードが付いているので、肩や首の冷えも軽くなり、肩凝りも少なくてすみます。

軍隊ポロネーズの録音アップしました。
リンクのきらきら☆プチコンサートで公開していますので、心温かい方だけ、お聴きください♪
ボイスレコーダーで撮っているので、音質はあまりよくないです。
そのうち消します。

堂々と威厳のある曲にしたかったので、タッチ、リズムを見直したのと、ポロネーズは行進する曲なので、3拍目に推進力のようなものが必要。

ポロネーズはフランス語で「ポーランド風」
もとは、16世紀後半ごろ(?)ポーランドの宮廷で貴族が入場行進(多分、舞踏会とか)する際に使われたのが始まりで、民族的なものではないということです。
それがヨーロッパ各地の宮廷に広がり、フランス宮廷から「ポロネーズ」の名前が広がったと言われています。
なので、ショパンに限らず、色んな作曲家がポロネーズを作曲しています。

もうすぐコンサートです。
がんばります♪
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/28 09:34】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
秋の発表会おわりました
秋の発表会終わりました~。。

以前にクレメンティのソナチネ第1楽章を練習中の生徒さんの話を少し書いたと思いますが、その子が出てくれ、ソナチネをきれいに弾いてくれました。

ピアノを初めてちょうど一年、初めての発表会でソナチネはまだ早いか?準備期間も3ヶ月、ぎりぎりか・・いや、小6だし少々今の段階よりも難しくてもできるだろう・・スケールは習い始めた頃からさせてるし・・と悩んだ末の選曲。
結果、この曲にしてよかった、と今日の演奏を聴いて思いました。

ソナチネをさせようと思ったのには理由があり、中学生になってからはクラブ活動などで自由になる時間がさらに減るので、今のうちにこういう曲を経験させておきたいということ。
また、スケールの練習、伴奏形になれること、調の移り変わりなど、いろいろわかりやすく弾けると思います。
丁度ソナタ形式なので、形式についても触れさせられるし、ソナチネから色々学べることがある。。

響きの充実したロマン派のものなどをやり始めてその響きの良さにはまってしまうと、古典派のものを物足りなく思ってしまうことが私にはあったので、ぜひともその前に古典派を・・と思っている部分もあります。
また、ルバートしないテンポの中で弾くというのも大事。

10月の終りごろは間に合わないと思いました。
でも、11月に入ってからの追い込み・・。
毎週よくなっているのがすごくよくわかりました。
彼女もとてもがんばったと思います。
何より、「やればできるんだなあ~」と感動しました。

また、今回のこういう選曲の中での自分の葛藤(?)みたいなものを通して、先生が「この曲をやりましょう」とおっしゃった時は必ず何か理由があるんだな~と思いました。
それは自分に向いてるから、かもしれませんし、こういうテクニックをつけて欲しいから、かもしれません。
また、その曲が先生のお気に入りである場合も。いいと思うから人にも勧める、みたいな。

とりあえず、無事に終わってよかったです~♪

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/24 20:01】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
タランテラ
タランテラ。

毒クモ(タランチュラ)に刺されたら、解毒するために疲れ果てるまで踊って解毒するという(本当に解毒されるのか!?)治療法が南イタリアにあり、そのために生まれた民族舞曲・・と言う風に聞いています。
リストのように難しいものから、ブルグミュラーなどのように、学習者向けのものもたくさんありますよね。

ある生徒さんは、ギロックのものを今練習中です。
タランテラのリズムは8分の6拍子。
速いリズムなので、聞いている人は小節の前半と後半で2拍子に聴こえます。
生徒さんも、その2拍子を感じながら弾いてくれているようです。

が。演奏者が2拍子のみを感じているだけだと、段々リズムが甘くなってしまったり、いい加減になってしまったり、テンポのゆれが出すぎてしまったりする傾向が見えました。
なので、やはり8分音符もどこかで感じながら弾くことが必要です。

そして、あくまでも付点音符ではないということに私はこだわっています。
鋭すぎないことと、「タタタタタタ」という八分音符の感覚が、毒クモに刺されたような(笑)切羽詰った感じをうまく出してくれるのだと思います。
(自分自身が切羽詰るわけれはありません、音楽がそう奏でてくれるのです)

また、音質も考えて弾いて欲しいということ。
柔らかい音ではなく、はっきりした音質で。
そうするためには指の使い方も考えて。

昨日はそのようなことをレッスンで言いましたが、どうなるでしょう。。



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/21 10:05】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
一晩踊り明かしたように
マズルカ op.7-1
初期の頃の明るいマズルカです。

技術的には比較的易しいですが、リズムが独特なので、「マズルカを弾く」となると話は別になってきます。
基本的に1拍目よりも2,3拍目が強いリズム。

2拍目に重みを持って弾いて、(ちょっとやりすぎかな~)と思っていたのですが、
先日のレッスンで、「もっと、一晩踊り明かした人が踊っているように」と言われました。
おお。。もっとですか♪

個人的には、ショパンでルバートしすぎるのは私はあまり好きではないのですが、マズルカだけは別ものかな~と思います。
前後の曲がしっとり(ノクターンと雨だれ)と落ち着いた曲なので、間のこの曲は独特の雰囲気を出したいな、と思いました。

ショパンの弾くマズルカは3拍子に聴こえなかった、というような逸話もあります。
実際、農民の生活の中でできた音楽なので、それを西洋の記譜法で書けばああいう楽譜になることになったのでしょうね。
なので、本当に楽譜から自由になってから表現できるのでは・・と思います。
暗譜は前からしていますが、暗譜しただけと言う感じなので、そうではないマズルカを弾きたいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/19 22:35】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
伴奏本番終りました~
今日は合唱祭。
地域には15くらい(多分、合唱祭に参加していないグループが、もっとあると思います)のコーラスグループがあり、それが合同で参加してするものです。
この地域では一番大きな発表の場ということになります。

小学生の合唱団の伴奏と、コーラスで参加しているのが2グループあるので、合計3つを駆け回ることに。。
自分では気が付かなかったですが、周りの人に「じゃあ3つ掛け持ちだね、大変じゃない~」と言われ、「あっ・・きついかも・・」と気づき、タイムスケジュールを書き出してみると、リハと本番がごちゃごちゃ。
しかも、リハをホールのとなりの公民館でしていたり。

でも、ま。おかげさまで無事終わりました。

伴奏は、まあまあ集中してできました。
途中、気持が散ってしまいそうになりましたが、心の中で「欲を出したらだめだ」(笑)と言い聞かせ、普通の演奏で。。
楽譜を見ながらの演奏というのは集中しやすいですね。
気が散りかけたら、楽譜を見ればもとに戻れます。

直前の昨日は、自分のピアノ曲の練習はせずに伴奏の練習だけに絞ったのが良かったのかなと思います。
(前日は、本番の曲だけに集中することにしています。)

話がずれますが、本番のピアノの状態、悪くなかったです。
ここ2日ほど晴れていたのですが、今日の明け方、雨が降っていて、湿気でもしかしたら・・と考えながら行ったのですが、答えてくれるし、出したい音が出るなあと思いました。
(というのも、以前このピアノを弾く機会があって、その時はあまりの状態の悪さに驚いたことがある)リハで弾いた後、調律師さんが少しさわってくれていたようですし、おそらく今日の朝から入ってくれていたのかもしれません。

とりあえず、無事に伴奏が終わったので、良かったです♪
来週末は生徒さんの発表会、再来週末は私のコンサート。
風邪ひかないようにしなくちゃ。
秋はやっぱり音楽関係のイベントが多い時期ですよね。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/16 20:51】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
プロフィールを考えながら
月末のコンサートのプログラム諸々の提出期限がもうすぐです。
曲の簡単な紹介(1~2行程度でいい)も書かなければいけないので、色々と調べ物が。。
だいたいのことはわかっていても、文章にするとなると、「あれ?これは何年だっけ?」とか、細かいことが気になってきます。
簡単にまとめるとなると、必要最小限の情報に絞らなければならないので、だんだん何がわかりやすいのかとか、重要なのかがわからなくなってきます(^^;

プロフィール作成も。。
よくある締めくくりの、「・・演奏や伴奏でも活躍している」とかいう、あの「活躍している」かどうかは誰が決めるんですかね!?
まさか自分で書いてるわけでは・・?
あるコンサートでは、箇条書きのものを、主催の方がうまく校正してくださって、「・・活躍している」と書いてくださったこともありましたが(笑)

いつも何気なく読んでいる文章も、いざ自分が書くとなると、語彙も文章力も少ないので、てんやわんやです。
(↑この一文を書くのにも修正をしてます。。)

で、私はいつも無難に謙虚な(?)まとめ方で(多分)終わっています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/12 22:19】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
最近の練習
数曲掛け持ちで練習する場合の方法を最近変えてみました。
コンサートなどで、4~5曲用意する場合は、同時進行で平行させて練習することになります。
今までは1日の練習時間の中で、まんべんなく練習。

今回は、AもしくはAとBという風に、1曲もしくは2曲にしぼって練習し、他のCDEの曲については全体を通した時に弾き、少し手直しする程度。
別の日の練習では、CとDを主に練習する・・という方法にしてみました。
もちろん、練習をたくさんすべき曲もあるので、2、3日続けて練習する曲も。

練習がマンネリにならなくてすむし、気分転換もできていいかなあと思います。

このほかに伴奏曲3曲は、今週末が本番なので、こちらもしっかり練習しておきたいです。
そう難しい伴奏ではないですが、合唱と合わせてとなるとまた違ってくるので、
歌もイメージしながら練習したいです。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/10 23:31】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
プログラム
さて。今月末に30分のプログラムでコンサートに出させていただく予定です。
前から決まっていたことですが、先日、主催の担当の方から連絡があり、
「やっぱり、ワタシ、本当に弾くのね・・」(当たり前だ)と現実見を帯びてきました。

つきましてはプログラム・プロフィール・コメントの原稿をお送りください・・ってことで、プログラム決定♪
先日、選曲について、モリスさんのブログでも丁度タイムリーな記事を読ませていただきましたが、
今回のコンサートはとても気軽な感じの場所・雰囲気なので、
おそらくみなさんがよく知っていると思われる曲を選びました。

華麗なる大円舞曲 第1番 op.16
ノクターン 第1番 op.9-1
マズルカ op.7-1
雨だれの前奏曲
軍隊ポロネーズ
(全てショパン)
間にMCトークをはさみます。

ノクターン1番だけ、もしかしたら知らない人がいるかも・・とは思いますが、1曲くらい、知らないものが混じっていたほうがいいですよね???
こういう曲って、ほっておくと、どんどんルバートして、なんだかわけがわからない状態になっていってしまうので、久しぶりにメトロノームを使って練習してみました。

軍隊ポロネーズは、今日録音してみましたが、恐ろしいですね~(笑)
これはないやろ!って演奏でした。。
で、かなりの方向修正をしました。
例によって、頭痛起こすので、フォルテな曲は長く練習できないので、イメージトレーニングなども。。

今月の練習はこれに向かってがんばります♪
(今月半ばに合唱の伴奏の本番があるので、そっちも練習しなくちゃですが)

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/04 23:22】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(10)
コンサートをハシゴ♪
伴奏でご一緒の先生3人でコンサートを2つハシゴして来ました♪
まずは2時からカツァリスのコンサート。
お茶目でおしゃれ。エンターティナーだなあ~と、すごく楽しめるコンサートでした。

で、次の会場へ移動。
途中イタリア料理店でパスタを。。
「6時から予約のお客さまがいるので、それまでなら」ということで、席がありました。(5時過ぎ)
私たちも、次のコンサートが6時開場なので、丁度いい。
急いでいたので、パスタがきたら無言で食べる(笑)
お店の人に、「速かったですね~・・」と会計の時に言われる(笑)

6時半からもピアノのコンサート。
とても集中して弾かれる方で、脱力が完全に出来ているテクニック。
引き込まれるような演奏でした。

両方ピアノだったので、飽きるかと心配でしたが、ぜんっぜん!!
タイプの違うお2人で、しかもプログラムの傾向も全然違うので、むしろ楽しかったです。

家にたどり着いたのは夜中(^^;
そう。。出かけるのにかなりの時間がかかります。。(片道3時間半)
でも、大満足の一日でした。
それに、こうして連れ立っていくと、道中も楽しいですし♪
一人でコンサートに行くのも気楽で悪くないですが、こうして、コンサートの余韻を共有できるのもいいですよね♪

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2008/11/02 23:14】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(6)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。