スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
レッスン
久々に実家のピアノを弾いてきました。
やっぱりこうして弾き比べると、今練習で使ってるピアノは調律が必要だなあと思いました。
音のまとまり方が違う。
部屋の大きさやグランドということもあるので、音の響き方も違うだろうけど。
限界だな。
ピッチが激しく狂ってるわけではないんですけどね。。

それとレッスンも行ってきました♪
ラプソディー1番。
なんとか暗譜もできてきた状態です。

つくづく、生徒の立場になると、なんも考えないで弾いてるなあ~・・と思う。。
「なんかここ、良くないなあ・・」と思いながらも、その解決策を出せないというか。
なので、だいたいレッスンでは先生からの指摘と、自分から質問する形とになっています。
自分でもっと解決できるようにならなきゃね☆

そしてワルツ34-3(ショパン)
5月のコンサートでこれも弾くことにしました。
高校の時に、クラスコンサートの代表に選ばれた時にプログラムに入れた曲で、かなり華々しい曲でスカッとするので気に入ってます。
以来、久し振りに弾くのでちょっと心配だったので見てもらいました。
若い時(今でも若いつもりです!)に弾いた曲って覚えてるもんですね~。
練習し始めて2週間ほどですが、暗譜もほぼできていそうです。

先生に「思ったより弾けてるね」と言われました♪
たぶん、そうとうひどい状態を想像してらしたようです(^^;
いろいろ修正点、指摘は頂きましたが。
とりあえずは安心したところで、ブラームス、あと一息がんばりたいです。

スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/30 23:06】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
卒業シーズン
高校3年生の生徒さんが無事卒業していきました。

彼女は1年前に初めてピアノを習いに来た生徒さん。
志望は保育の分野で、それでピアノを習わないと・・ということで来られました。
正直、1年でどこまで行けるか不安だったし、責任もあるし、悩んだけど。
バイトやもろもろ、お休みの月もあったので、なかなか思ってるようにはレッスンが進まなくて困ったりもしましたが。
なんだかんだ言いながらしっかり卒業まで習いにきてくれて、良かったです。

学校にも入学前のオリエンテーションみたいなのがあったみたいで、様子を聞いてみると
「レッスンでやったことが学校でもでてた!」
と興奮していました。
まだまだ、教えたいことが山のようにあったのですが、時間切れ。
大学でしっかり勉強してくれたらいいな、と思います。

1年というのは長いようで、短い。
でも、短いけれど、充実させることも、うすっぺらいものにすることも、結局は自分次第。

いろいろ反省点もありますが、次に生かしていけたらなと思います。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/23 23:41】 | レッスン日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
練習内容の変更
普段の練習の内容がいきなり変更です。
のほほんとバッハとブラームスという組み合わせで過ごしていましたが、そうも言ってられなくなってきました☆

自治体主催の5月にある30分のコンサートに出てほしいと言ってきてくださったのです。
今年も募集の案内が来ていたのですが、今年はどうしようかな~と思ってるだけだったので、準備はしてなかったのですが。
ありがたいことなので、出演させていただくことにしました。

さっそく先生に相談の電話。
先生からのアドヴァイスとしては「この期間だと、新しい曲とかちょっと無理してがんばったらできるだろう、というプログラムは絶対しんどくなるから、余裕の持てるプログラムに。」ということ。

確かに、あと2か月あるとはいえ、もう新曲にとりかかるのは苦しいのでレパートリーの中から出そうと。
とりあえず、ブラームスのラプソディーを発表会に向けて練習しているので、それをうまく使えたらいいな。

それと明日は合唱団の卒団式、一曲弾くことになっています。
これも急だったので、弾きなれた「ノクターン2番」にしました。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/21 19:43】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
発表会を聴きに
合唱伴奏でご一緒の先生の発表会を聴きにいってきました。
何かお手伝いをということで、司会をさせていただくことに。

自分の生徒さんが出るわけではないのに、舞台裏にいるというのは何かへんな感じですが、知り合いのお嬢さんが出ておられたりとかで全体的に親近感みたいなのはあります。
そして部外者的な立場でもあるので、結構落ち着いていられました。

この先生はとてもパワフル。
結構年上の方なのですが、体力的にも、精神的にも。
音楽に対する姿勢も常に謙虚で妥協なく、ほんと尊敬しています。
この先生の門下の何人かがまたピアノ指導者として活躍しているわけなので、それもすごいなあと思います。

今回感じたのは、小学生の部と、中学生以上の明らかな差。
小学生はまだ習いたてというかんじの子も多いですが、中学生以上になると、かなり本格的な曲を弾いています。
つまり。上達の曲線がぐっとあがってる・・(伝わりますかね?)
まったりとなだらか~に上達ではなくて、ぐいっとひっぱりあげてる感じが。
もちろん、中学生のほうがペダルを使ったり、オクターブを使えたり、演奏効果のある曲を弾けるので、そう思うのかもしれませんが。

みんな、舞台裏では「緊張する~」と、緊張してる子が多かったですが、いい演奏をしていました。
私もまた、練習がんばろう~っと!

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/15 22:30】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
レッスンに行ってきました♪
レッスンに行ってきました。
そろそろ、ラプソディーを暗譜しないとね、ということで、「なんとなく覚えてるかも~」と言ったら、「じゃ。楽譜なしで」という先生の指示でいきなり暗譜で弾いてみました。
うー、やっぱり、途中で楽譜を返してもらいました。

今回、ブラームスを弾いてみて(まだ完成してないけど)、特有のフレージングみたいなもんが見えてきました。
語尾をごまかさない。
むしろ、しっかり。

先生に「ショパンみたいに弾かないで」ということを最初のころに言われましたが、確かにそうだなあ。
ようやく、できてるかどうかは別として、わかってきた。

バッハは、5番のプレリュードは○をいただきました♪
ゆっくり練習の成果か、結構いいテンポで弾くことができたし、和声の流れの把握(なんとなくのところもある(^^;)左手のバスラインの響きも味わえたし、まずまず。
「これくらい弾けたら、ようやく「プレリュードらしい演奏」って感じになりますね」と言われた。
誉められてるのかなんかよくわからないけど、雰囲気的に誉められてる感じだったので、よかったのでしょう~♪

2番のフーガは。。「全身で表現しないで、表現は指先だけにしてください」といわれた。
そうなのだー。体全体で歌ってしまってる☆
体をいくら、くねらせたところで音は変わりませんからね。
もっとアカデミックに弾けってことなんだろな。

テーマやモティーフを浮き上がらせることはできてるけど、声部や流れによってもっと音色を変えろと。
きびちい・・マルもらうつもりでいたのに。甘かった。
次回に持ち越しです。

次は5番のフーガか、9番のプレリュード&フーガをやってきてってことで、9番だったら両方しなくちゃいけないし、5番のフーガで行こうかな。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/11 23:03】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
練習~
さて、生徒さんの話ばかりが続いたので、私の練習状況も。

ここ最近は録音してみたりもします。
といっても、まだまだのレベルなので、荒探ししては直し・・という感じです。

バッハの平均律の2番のフーガをやっているのですが、こういう曲って、特に録音してみると色々わかる。
録音もただ聴くだけではなく、繰り返し聴くときは、声部ごとに分けて集中してきいてみる。
そうすると、テーマはうまく弾けていても、その裏に流れている部分がいいかげんだったり、ということに気づく。。
自分では弾けてると思っても、こうして聴くと、まだまだだなあ~・・と思う。。

五番のプレリュードもやっているのだけど、先週は思いっきりテンポダウンさせました。(ゆっくり練習)
目的は、
脱力を徹底する。(手を開いたり閉じたりする動作にも力が入らないようにする)
音を聴く耳を準備して次の音を弾く。

ゆっくりきちんと弾ければいくらでもテンポは上がります。
今日は試しにテンポを前よりもあげて弾いてみました。
だいぶ良くなったけれど、やっぱり駄目なところがあるので、またゆっくり練習です。

ラプソディーは、少しずつ覚えてきたので、そろそろ暗譜の準備をしようかな。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/05 23:19】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
曲選びで思ったこと・続き
いろんなことをブツクサと考えながら選曲が終わったのですが、終わってみればそれぞれの生徒さんにいい感じの曲があたっていったなあ~と思う。

(前回の記事では途中からグチのようになっていってしまい、それでも読んでくださった方、すみません☆
「楽しんでます~」なんて言いつつ、疲れてたんでしょうね、私。)

ある程度弾ける人には、その生徒さんの特長を生かせるような曲を選べたと思うし、まだ年数がたっていない生徒さんにも楽しい曲や、音が少ないけれど初歩の練習曲みたいなのじゃないのが選べたかな、と思います。

知り合いの他の先生の発表会などで「これいいなあ」と思った曲など、以前からチェックしていたのですが、まだその段階に到達してないこともあり、そういうので知った曲を選んだ生徒さんは1人だけでした。
でも、こうやっていろんなところから曲のストックみたいなのが作っていけたらいいな、と思います。

結構私は忘れやすい。
なので、最近は大きめのスケジュール帳に、生徒さんのレッスン内容を簡単にメモしています。
週単位、見開きで、一日のスケジュールなどが書きこめるタイプのもの。

去年までは、一冊ノートを作って、生徒さん別にページを分けて書いていたのですが、途中からノートの行数が足りなくなったり、生徒さんの増減とかで記入しにくくなったりでいい加減になってしまいました。
パソコンに打ち込めばいいのですが、その場でちゃちゃっとメモできるし、予定も確認できるし、大きなスケジュール帳はもらいもので、活用したかったし。。

新学期にならないうちに、3月のうちに、みんな、発表会の曲がんばってもらうぞ~。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/04 21:29】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
発表会の選曲で思ったこと
せっかくの発表会なんだから、「私が一番!」と思えるような曲を弾かせてあげたい。
たまには「私は脇役でいいや・・」なんて、控え目な子もいるかもしれません?(どうだろ?)
でも、ステージで弾くということは、お客さんに聴いてもらうということで、「この曲素敵でしょ」と思って弾けるのがやっぱりいいなと思う。

で、いろいろ探しました。。
私もまだまだ先生なりたて、ベテランの先生のように「あの子にこれ、この子にこれ」というわけにいかず、「あーでもない、こーでもない」と迷ったり、大きな楽譜屋さんでずーっと楽譜の立ち読みしたりしました。
楽しいからいいのですが。

まだまだ初級レベルの生徒さんばかりなので、できることが限られています。
でも、そういう生徒さんにも、かっこいい曲を探したい。
これがなかなか、ない。

レベル別の「名曲集」っぽいの、いろんなものが出ていますが、似たり寄ったりの選曲だし、お決まりのようにハ長調ばっかりで、あってもト長調とかなのが大半。
和音の進行も単純。
もっとわくわくするの、かっこいいの、ないのかなあ~?
「読譜のレベル」主体で作られているんだろうか?レベルからもしかたないのかしら。。?

そんなわけないよー。
子供だって、かっこいい!と思ったら、少々難しくても弾けるし。
もっともっと、初級や、例え、入門レベルでも演奏効果のある曲、ほしい。
私の探す努力が足りないでしょうが。。
結局、入門レベルの子には、以前から持っているアメリカ系のものになりました。

初級でも、ある程度弾けるようになった中級前くらいの生徒さんなら、だいぶ選択肢が広がります。
このあたりから結構(限度はあるけど)選択肢は広がると思うんです。

今回迷ったのが、「貴婦人の乗馬」(ブルグミュラー)を弾くかどうか。
時々発表会で弾く人を見かけます。
楽しい曲だし、いろいろテクニック的にも練習できるのですが。。
誰が見ても「あ、この子のレベルはこれくらいか」と判断できてしまう曲はやめようと。

みなさん、どうやって選曲をされているんでしょう。。?
どこでいい曲を見つけてこられるんでしょう?

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/03 15:06】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。