スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
バレエを見に
バレエを見に行ってきました。
一夜で2演目観賞できる、満足なプログラムでした。

「ダフニスとクロエ」(ラヴェル作曲)
初めて聴く曲でした。
ハッピーエンドなストーリー。
55分ほどの曲目ですが、結構あっという間でした。
非常にわかりやすく、初めてのストーリー(プログラムの解説程度の予備知識)でも十分追える感じ。
もともと、そういうものなのかもしれませんが、子供の頃バレエを見た時の何が何かよくわからない印象がどこか自分の中に残っていました。
また、バレリーナ達の表現力や技術が素晴らしいのだと思います。

「真夏の夜の夢」(メンデルスゾーン作曲)
CDでは何回か聴いていましたが、実際に聴くのは初めてなのと
バレエでっていうのも初めてで楽しみでした。

シェイクスピアの話をもとにメンデルスゾーンが作曲し、それをさらにバレエにしたという、色んな芸術の要素が詰まっている作品です。
喜劇なので見ていてとても楽しく、客席からも笑いが起きていました。
イギリスのバレエ団ということもあって、見ごたえも十分。
(あっ・・そういうこともあって「真夏の夜の夢」が演目だったんだろうか・・?)

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2011/05/29 10:03】 | 演奏会 | トラックバック(0) | コメント(2)
最近行ったコンサート
ここ最近、割とコンサートに出かける機会がありました。
4月はコンチェルト&オーケストラ曲のものが2回、企画物が1回。
平日の昼間に演奏されるコンサートもあり、利用しやすかったということもあります。

ブラームスのヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ単調op.102
たまたまテレビ番組でとりあげられていて(それでこれを聴きに行ったことを思い出した)
ブラームスと親友ヨアヒム(ヴァイオリニスト)との仲直りコンチェルト
こういった説明を聞くと、曲に対して興味を持って聞けるのでいいですね。

震災の後だったので、コンサートの前に「G線上のアリア」が演奏され、黙とうを捧げました。
指揮の佐渡さんが「拍手ではなく、ご起立、黙とうをいただきたい」とおっしゃり、
その計らいに涙されてる方もいらっしゃいました。

また、「のだめの音楽会」を初めて聴きに行きました。
企画がとてもいいですね~。
説明や、漫画のシーンなどがプロジェクターを通して出るのですが、初めて聴く人はもちろん、音楽に詳しい人も楽しめると思います。

「鏡の眼」井上道義さん作曲を聴く機会もありました。
冒頭から惹きこまれる音楽で、何が起きるんだろうと思って聴けるようなとても面白い音楽でした。

5月に入ってからは先生の震災義援リサイタルへ。
オールショパンプログラムということもあって良く知っている曲ばかり。
昔弾いた曲もあって、懐かしかったり。
後で打ち上げに行ったときに色々話せるのも楽しいです。
先生もテンション高いし(演奏終わった後だから(笑)
1カ月で準備されたということですが、中には全くの新曲もあったり、先生ってやっぱりすごいと思いました。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2011/05/22 10:09】 | 演奏会 | トラックバック(0) | コメント(0)
弾いた曲は
発表会で弾いたのはトゥリーナ作曲「スペインの女たち」より、1曲目「古風なマドリエンヌ」
日本語の「古風」という概念よりは、「生粋の」とか、「骨の髄まで」的な感じに近いように思います。

テンポ設定やルバートのかけ方によって色々表現を変えたり、強弱の付け方によっても面白くなります。
私の希望「スカッとする」も盛り込まれていたり。
結構この曲は私の感覚で好きな様に弾かせてもらえました。

先生からは「聴き手を裏切る表現で」弾いてください、とのことでした。。

そう難しいテクニックを必要とする曲でもなく、5分位のちょうどいい曲で、表現を楽しむこともでき、ちょっと気分転換に弾いてみるのもおすすめです。





テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2011/05/09 22:00】 | ピアノ日記 | トラックバック(1) | コメント(2)
発表会終わりました
発表会終わりました♪
今回はなんか緊張☆
準備期間が短かったのと、曲をようやく飲み込み始めたところでの発表会本番だったのでなんだか調子がつかめないままでした。
1か所弾きなおししてしまったし。。

先生も、「うち(レッスン)で弾いてた時の方がもっと自由に弾けてた」とおっしゃってました。
「でも、1ページ目はバリバリよかった」と。。
1ページ目だけですかい!

実際、私自身もレッスンで弾いてた時はもっと音を聴けてそこから表現を変えたりできた部分もあったし、和音の変化にも敏感に対応できたように思います。
本番は、「次どう表現しようか」ばかり考えて、なんか音を味わえなかったな。。

今回の曲は、みんな聴いたことのない曲なので、どう聴こえてるかなと思っていたのですが、「楽しくってなんかかわいいところもある曲」「おもしろい曲」というのがだいたいの反応でした。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2011/05/06 20:26】 | ピアノ日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。