スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
久々にショパン
さて、久しぶりに(と言っても4月以来ですが)ショパンの曲を練習することにしました。

ノクターン9番
とても美しい曲です。
最後、アドリブ的に終わるのも面白いし、途中に一瞬ふっと休符があるのもきれい。

子守唄
こちらも非常に美しい曲。
左手の伴奏にのって、右手が鍵盤を駆け巡るのですが・・
ゆったりした曲なのに、右手の色んなテクニックが入っていてこれが難しい。
でもきれいなので仕上げたいです。

リストは先日の2曲を弾いただけですが、なんか、とにかくすごいテクニックを持った人だったんだな、ということと、同時代に生きたショパンがこんなに美しい旋律を書けることをきっとうらやましいと思っていたのじゃないかな、とも思いました。

あとは、ディアベリの連弾曲。
これはレッスンのおまけ的な要素で、先生と笑いながら弾いてます(笑)
・・って、ふざけてるわけではないデスヨ、一応レッスンの一環で教えていただいています。

ようやく涼しくなって、秋らしくなってきましたね~
ショパンはやっぱり秋かな~って思います。


スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2012/09/20 22:18】 | ショパン | トラックバック(0) | コメント(0)
レッスンにて
レッスンに行ってきました。

リスト 超絶技巧練習曲10番

「全部同じ楽器の音に聞こえる。チューバなど、低い音の管楽器も存在させて。」
ということ。。

まず、セクションごとの性格をはっきり分ける。
アジタートの雰囲気を出すために、左手であおったり、息つく間もなく次のパッセージに入ったり、逆にかなりためたり。。
この曲、マスターすればかなり自分の好きなように自由に弾ける曲だなと思いました。

モーツアルトやベートーベンの曲なども、オーケストラを意識できるような曲だったりするのですが、リストもそういうことができる曲だ、と。
音色に変化をつける、インテンポではなく、かなりのアゴーギグをつける。

同じ時代の作曲家とはいえ、かなりショパンとは音楽が違うんだなと思いました。
この曲は今回で終わり。はー、結構つかれた。というか、テンションのいる曲でした。
クーラーつけてても、この曲弾くと汗が出る出る。

連弾・・ディアベリ。は「楽しく」をモットーに、他の人の音を聴くこと、聴きながらも自分のテンポを維持することを中心に。
がんばらなくても弾ける曲なので、気分転換になり、結構気に入っています。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2012/09/07 21:22】 | ピアノ日記 | トラックバック(1) | コメント(2)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。