スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
英会話通わないことにした理由
4か所、英語スクールの体験には行きましたが、結局通わないことにしました。

プリスクール型のものは、ママとなかなか離れられなくって・・といううちの娘にはきついだろうし、分離に慣れるために数カ月分の時間とお月謝がかかるのももったいないっていうのが本音。
また、グループレッスンの教室も、ところどころ楽しんでいる様子でしたが、娘があまり集中してなかったなあ・・という印象。
今、音楽教室に通っていますが、40分のレッスンをずっと飽きることなく楽しんでいるので、興味のある内容ならずっと集中できるはず。。
まあ慣れてくれば集中できるようになるのかもしれませんが・・。

教室にそれぞれいい点はあるのですが、どこの教室でも必ず
「家でも英語で話しかけてください」「英語の本を読み聞かせてあげてください」など、言われる。
つまり、レッスンだけでは英語は身につきにくいということ。

ピアノがレッスンだけで上達するわけなく、家庭での練習がいかに大事かということと重ねて考えれば当然と言えば当然なのかもしれない。

それなら普通に家で英語で話したり、本読んだり、英語番組見たりでいいんじゃない?なんて思ってしまった。
実際、この1カ月ほど思い出した時に娘に英語で話しかけていたら、物の名前や色の名前など覚えてくれたし、手を洗う時には「わすへーん」(Wash your hands)など言ってくるようになりました。

海外移住の計画なんて皆無だし、英語はのんびり思いついた時でいいんじゃない?って思ってしまった。
それより、一緒に公園で遊んだり、散歩に行ったり、外遊びの時間を増やせたらいいなあ~って。
そして、大きくなって本気で娘が英語の勉強したい、海外留学したいなんて言い出してくれたら、その時こそお金の使いどころなのでは・・と思います。
スポンサーサイト
【2015/04/13 15:07】 | 育児 | トラックバック(0) | コメント(0)
英会話スクール
今年で娘2歳になりました。
この地域ではおけいこごとをすでにやっている子が多く、娘も1つ習っているのですが、2歳になったのでもう一つ何か・・と模索中。

候補にあげたのは英語。

絶対音感の理屈うんぬん・・から発展して、英語を聞きとれる耳を作るというのも低年齢から始めた方が効果的なんじゃないか?ということ。

なので、体験レッスンに行ってきました。

A教室:プリスクール型の英会話。子どものみ。
ネイティブの先生と、日本人バイリンガルスタッフがサポート。
遊んだり、生活しているうちに英語が身につく・・というのが売り。

人見知りしする娘には、私と離れるのに慣れるのに時間がかかり、その分のお月謝がもったいないな・・ということと。
そこに通っている子どもたちは単語のみだが英語も話す。
先生の言うことは理解している。

B教室:日本人講師のグループレッスン。親子参加。
歌ったり踊ったりで楽しい。月謝も他の英会話よりお手頃。内容は薄め。

C教室:ネイティブ講師の少人数グループレッスン。親子参加。
動作に合わせて英語を覚える進め方。筆記とも連動させてあり、レッスン内容の目的もわかりやすい。
カリキュラムがしっかりしてる。レベルも高め。お月謝や教材費も高め。
しっかり身に付きそう。

D教室:ネイティブ講師の少人数グループ。親子。
歌や手遊びで英語を楽しんだり、カードでゲーム感覚で学ぶ。
筆記はないが、次々と色んなことをするので子どもたちも集中している。

と、こんな感じでした。
ここまで書いたら、もう英語習い始めたんじゃ・・と思われそうですが、実際は英語を習うのは今回は見送りました。







【2015/04/12 15:52】 | 育児 | トラックバック(0) | コメント(0)
きらきら☆ピアノ


3歳からやっていた趣味のピアノ。 ピアノってやっぱり素敵! ピアノ講師・合奏伴奏者としても経験を積み、現在は自己研さんに励んでます♪

プロフィール

まりはん

Author:まりはん
3歳からピアノを始めて現在も練習に励んでます!
三十路まっただ中☆
4年間ピアノ講師・合唱伴奏者としても経験を積みましたが、引っ越しをきっかけにストップ。
現在は自分の演奏の研鑚に励んでいます♪
2013年1月に出産し、絶賛育児中♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。